最新記事

生物

カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発見される

2020年12月1日(火)17時30分
松岡由希子

Duobrachium sparksae. (NOAA)

<アメリカ海洋大気局(NOAA)の研究チームは、プエルトリコ近くの深海3900メートルで、有櫛動物(クシクラゲ類)に属する新種を発見した...... >

アメリカ海洋大気局(NOAA)の研究チームは、カリブ海北東プエルトリコから40キロ沖の水深3910メートルで、有櫛動物(クシクラゲ類)に属する新種を発見した。2020年11月18日に学術雑誌「プランクトン・アンド・ベントス・リサーチ」で発表された研究論文では、長さ約6センチの熱気球のような体に30センチ超の触手が2本伸びるユニークなこの新種を「Duobrachium sparksae」と名付けている。

有櫛動物はクラゲ類よりも標本を採集が難しい

有櫛動物は、これまでに100〜150種が同定されている。水を漕ぐときリズミカルに波打ち、光の反射で明るい色に光る櫛のような8つの繊毛の列を持つのが特徴だ。肉食性で、小さな節足動物や様々な種の仔魚を食べる。外形はクラゲと似ているが、刺胞動物に属するクラゲ類とは異なる。

この新種は、アメリカ海洋大気局の研究チームが標本を採集せずに、高精細度の動画のみを用いて新たな種を同定した初めての例だ。

調査船オケアノス・エクスプローラーが2015年4月9日から30日までプエルトリコと米領バージン諸島近くで深海探査を行った際、遠隔操作型無人潜水機(ROV)「ディープ・ディスカバラー」は比較的狭いエリア内で3度にわたってこの新種を撮影することに成功した。


「ディープ・ディスカバラー」が撮影した動画は高精細度で、1ミリ未満の構造も測定できる。そのため、研究チームは、研究室の顕微鏡よりもその形態を詳しく観察することができた。この新種は水深約4000メートルのエリアに生息するため、サンプルの採集が難しい。

010-ctenophore-2.jpg

Digital illustrations of Duobrachium sparksae. (Nicholas Bezio).

研究論文の責任著者であるアレン・コリンズ博士は「『ディープ・ディスカバラー』にサンプルを採集する機能はないが、仮にその機能があったとしても、ゼラチン状の生物は保存しづらいため、標本にする時間がほとんどないだろう。この観点でいえば、有櫛動物はクラゲ類よりも難易度が高い」と述べている。

Anatomical_diagrams.jpg

Digital illustrations of Duobrachium sparksae. (Nicholas Bezio).

長い触手を海底につけ、海底から一定の高度で移動していた......

動画を用いた観察によって、この新種のユニークな行動も確認されている。長い触手を海底につけ、海底から一定の高度を保ちながら、熱気球のように移動していた。研究論文の筆頭著者のマイケル・フォード博士は「海底に触手がくっついていたのかどうかは定かでないが、個体が海底に触れているようにみえた」と述べている。

この新種が深海生態系でどのような役割を果たしているのかについては、まだ明らかになっていない。フォード博士は「海底付近に生息する他の有櫛動物と同様の役割を担っているのではないか」と考察している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月