最新記事

バイデンのアメリカ

若者を魅了した若き日のバイデンに見る「次期大統領」の面影

BIDEN AT THE BEGINNING

2020年11月25日(水)19時20分
ジム・ヌーエル(スレート誌政治記者)

上院選に初当選した当時、バイデンはアメリカで最年少の上院議員だった BETTMANN-CONTRIBUTOR-GETTY IMAGES-SLATE

<29歳で上院議員選に初挑戦し、若い世代の熱狂的支持を得てから半世紀──番狂わせの「最初の選挙」に次期大統領の個性はすでに表れていた。本誌「バイデンのアメリカ」特集より>

1972年秋、大統領選と連邦議会選挙(上下両院)の投票日まで1週間余りとなったある日、デラウェア州の有力紙ニューズ・ジャーナルに広告が掲載された。
20201124issue_cover200v2.jpg
出稿者は同州のニューキャッスル郡議会議員で、上院議員選に出馬していた29歳のジョー・バイデン。現職2期目で62歳の共和党の大物議員ケール・ボッグズに挑む若きバイデンは、ボッグズの世代と世の中のズレに焦点を当てた広告を打った。「ケール・ボッグズ世代の夢はポリオ撲滅だったが、ジョー・バイデン世代の夢はヘロイン撲滅だ」

広告のキャッチコピーは、州内の地域状況に合わせてバイデン自身が考案したとされる。州南部の海沿いの地域では「30年前、環境保護といえばレホボスビーチで瓶やビール缶を拾うことを意味したが(中略)、今ではビーチそのものを救うことを意味する」と訴え、州北部では「1950年代、ボッグズはハイウエーの延伸を約束した。1970年代のバイデンは樹木を育てることを約束する」と語り掛けた。

ニューズ・ジャーナルのノーム・ロックマン記者は当時、バイデンの広告戦略を「親愛なる老父」作戦と呼んだ。「老いた父の言葉は、彼の時代には正しかったのかもしれない。それに、僕は父を愛している。でも時代は変わったんだ」というアプローチである。

広告を打ってから1週間ほどして迎えた選挙当日、バイデンは3000票余りの僅差でボッグズを破るという番狂わせを演じ、世間を驚かせた。誕生日が投票日の2週間ほど後だったため、選挙当日には30歳という上院議員の被選挙権年齢にさえ達していなかった。

「本当に衝撃的だった」と、当時ニューズ・ジャーナルの記者として選挙戦を追ったボブ・フランプは最近、筆者に語った。「取材を通じて、ジョーにも勝ち目があるとは思っていた。でも編集部で結果を見ながら、誰もが信じられない思いだった」と、彼は言う。「人々が本気で新しい未来を望んだのだと思う」

この驚きの初勝利を皮切りに、バイデンは上院議員として36年、副大統領として8年のキャリアを積んだ。そして今回、大統領選への3度目の挑戦で、ついにアメリカ大統領の座を確実にした。

1972年当時のバイデンは、新鮮でカリスマ的な活力にあふれた候補者を待ち望む若者(とその親たち)を魅了した。だが、今のバイデンはかつてのボッグズと同じ。多くの有権者に長年支持されてきた愛すべき大御所だが、同時に長年のキャリアゆえに、新しい風を待ち望む声をかき立てる存在でもある。

ニュース速報

ワールド

中国医薬品3社、COVAXにコロナワクチン供給を申

ビジネス

台湾輸出受注、2020年は過去最高 ハイテク製品に

ワールド

年内にコロナワクチン1.44億回分、厚労省がファイ

ビジネス

中国の景気回復、小売り出遅れで消費喚起へ政策調整も

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月