最新記事

海洋生物

シャチが船に体当たりする事故が頻発、原因は?

Killer Whale Boat Attacks 'Getting Worse and Worse,' Scientist Says

2020年11月16日(月)17時00分
ハナ・オズボーン

今年10月、ポルトガル沖で2時間にわたり体当たりを繰り返したシャチ  Halcyon Yachts - International Yacht Delivery/YouTube

<ジブラルタル海峡周辺を通る船に対して、3頭のシャチが執拗に体当たり攻撃を仕掛ける事例が相次いでいる。これまでにないシャチの行動の意外な原因とは>

スペインとポルトガルの沖を通る船にシャチが体当たり攻撃を加える事件が増えている。異常な行動だが「ひどくなる一方だ」と、海洋生物学者らはいう。

今年の夏以来、この海域を航行する船の乗組員から、シャチが、時には何時間も船に体当たりを続けたという報告があがっている。このような行動は、以前はごくまれにしか報告されていない。シャチはなぜ船を攻撃目標にするのか。

シャチに体当たり攻撃を受けた船の報告が増えた後、スペイン当局は報告があった海域において、全長15メートル未満の船の航行を禁止した。それより小さい船は、全長10メートルに達することもあるシャチの攻撃に耐えられないかもしれないからだ。2時間に及んだ攻撃の様子は、下の動画で見ることができる。

数名の科学者が非公式の調査チームを結成し、体当たりの事例を調査した。そこでわかったのは、攻撃のほとんどが 同じ3頭の若いシャチによって行われているということだった。観察を続けたところ、この3頭が怪我をしていることもわかった。

怪我の原因が船への攻撃によるものかどうかは不明だ。

いずれにせよ、攻撃は続いている。「ひどくなる一方だ」と、調査チームの一員である生物学者のルノー・ド・ステファニスはBBCに語った。

舵を狙う意外な理由

シャチは船や乗員を襲う気なのか。あるいは船に対するある種の「復讐」なのか。研究者はむしろ、遊びに関連しているのではないかと推測する。

同じく調査に関与した海洋哺乳類研究コーディネーター(CEMMA)の研究者ルース・エステバンはBBCに、シャチが「常に舵を標的にしているようにみえる」と語った。船の動きを司る部分だからかもしれない、と彼女は言う。

「場合によっては、舵を動かすことで、船全体を動かすことができる。ビデオのなかには、船をほぼ180度回転させていた例もあった」と、エステバン。「(高い知能を持つ)シャチは、自分の力で本当に大きなものを動かしたことがわかり、ものすごくいい気分になるのかもしれない」

「私はシャチが狩りをするところのを見たことがある」と、ルノーは言う。「シャチは狩りをするとき、声を出したり、姿を見せたりしない。気づかれないよう獲物に忍び寄る。シャチがマッコウクジラを攻撃するところを見たことがあるが、それは猛烈な攻撃だった。だがこの3頭は違う。これは遊びだ」

船とシャチの様子を観察した結果、主に攻撃に関わっているのは、特定された3頭のシャチのうちの 2頭だった、とルノーは言う。「たいていはこの2頭だ。大変な興奮状態になっている」と、彼はBBCに語った。「ただ、遊んでいるだけだ。とはいえ、ますます始末に追えないものになっている」

ニュース速報

ビジネス

WHO、ワクチン追加接種先送り要請 米は必要に応じ

ビジネス

中国のポジティブな見通し維持、規制強化でも=AIA

ビジネス

EU、米ノババックスとコロナワクチン契約 最大2億

ビジネス

英、16─17歳の若者全員にコロナワクチン提供へ 

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月