最新記事

絶滅危惧種

子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

THIS ORCA HAS BEEN CARRYING HER DEAD CALF FOR 16 DAYS—AND RESEARCHERS THINK SHE COULD BE IN DANGER

2018年8月10日(金)18時38分
キャサリン・ハイネット

死んで腹を見せる子供。これで雌とわかった Photo by Dave Ellifrit, Center for Whale Research

<もう3年も子供が生まれなった弱ったシャチの群れにやっと生まれた娘が、30分ほど母親と泳いだだけで動かなくなってしまった。死んだのだ。自分を責めるように、母シャチは子供を離さない。いったいいつまで?>

米ワシントン州のオリンピック半島沖で7月24日、死んだ我が子を連れて泳ぐ母シャチの姿が確認された。母シャチはJ35または「タレクア」と呼ばれている。絶滅危惧種に指定されているサザンレジデント・キラーホエールズの75頭いる群れのうちの1頭だ。子を連れて泳ぐその姿は8月8日にも確認され、これで16日目になる。

(右側に口を開いて横になった子供の顔が見える)


タレクアは、亡骸を頭にのせたりくわえたり押したりして運び、海に沈んでいくと潜って連れ帰る。子供が死んでからほとんど餌も口にしていないようで、このままでは、群れにとって貴重な繁殖期の雌であるタレクアまで病気になると、科学者たちは胸がつぶれる思いで母シャチの悲しみようを見守っていると、シアトル・タイムズは伝えた。

「泣けて仕方がない。まだ子供を離さないなんて信じられない」と、ワシントン大学の科学者デボラ・ジャイルズはシアトル・タイムズに語った。「J35の身体と心の健康が心配でたまらない」

(子供の死後4日め。子供を押して泳ぐタレクア)


タレクアと赤ん坊の悲劇は、絶滅の危機にあるこの群れ全体の問題だと、クジラ研究センターの創設者、ケン・バルコムは声明に書いた。

ニュース速報

ワールド

サウジ記者死亡は「極悪な殺人」、真相解明へ=トルコ

ビジネス

イタリア、予算案修正せず 赤字増やさない方針もEU

ワールド

中米移民北上は国家の非常事態、軍などに警戒指示=米

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 10

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月