最新記事

ヘルス

歌は脳にも体にもいいことだらけ 1日3分の「歌トレ」で楽しく健康を手に入れよう

2020年11月24日(火)14時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

自宅で1人でも歌トレーニングは可能だ ankomando/iStock.

<毎日歌えば免疫力を高めて認知症を予防するだけでなく、のどを鍛えることで誤嚥性肺炎の予防にもなる>

冬の訪れとともに、新型コロナウイルスの感染が再拡大している。特にリスクが高い高齢者は、外出を控えている人も多いだろう。仕方がないとはいえ、そんな生活ではストレスがたまる。また、家に閉じこもっていては健康面でも心配だ。

制約が多い生活の中で高齢者の健康を維持するために、新刊『脳も体も活性化‼ 1日3分 歌トレ』(山本健司著、CCCメディアハウス刊)の著者で、米寿のバリトン歌手の山本健二氏が提案するのが歌を歌うことだ。山本氏によると、1日3分歌うだけで、健康に良い効果があるという。

そうは言っても新型コロナウイルスが蔓延している今、みんなで集まって歌を楽しむのは難しい。しかし、山本氏がすすめる「歌唱テイクアウト」なら安心だ。本書を活用すれば、自宅で1人でも歌トレーニングが可能だ。誰でも知っている懐かしい童謡や唱歌など41曲が掲載され、付属のCDで山本氏と一緒に歌うこともできる。歌い方のポイントやその曲の背景なども紹介されているので、その歌に込められた思いやコツを意識しながら歌ってみたい。

なぜ歌は健康にいいのか?

本書の推薦者で、アンチエイジングの第一人者としてテレビや雑誌などで活躍している白澤卓二医師は、「歌うことは確実に健康につながる」と言う。

まず、大脳皮質の聴覚、認知、運動機能、感情機能の関与する部分が刺激され、加齢によるさまざまな衰えを予防できる。大きな声で歌うためには、腹式呼吸が必要だ。お腹いっぱいに息をため、それをゆっくり吐き出す。これを繰り返すことで、衰えていた肺機能が回復していく。また、大きな声で歌い、のどの筋肉を鍛えることは、高齢者に多い誤嚥性肺炎の予防にもつながるとされている。

歌うことは、ストレス解消にもなる。懐かしいメロディーに親しめば、その頃を思い出す「回想体験」になり、脳が刺激される。その結果、脳内ホルモンがバランスよく分泌され、同時に免疫力がアップ。さまざまな感染症に立ち向かう心身状態を保つことができるようになると白澤医師は言う。

「どんぐりころころ」のその後とは?

誰もが知っている歌に、「どんぐりころころ」がある。あらためてその歌詞を見てみよう。


「どんぐりころころ」

一、 どんぐりコロコロ ドンブリコ
   お池にはまって さあ大変
   どじょうが出て来て 今日は
   坊ちゃん一緒に 遊びましょう

二、 どんぐりころころ よろこんで
   しばらく一緒に 遊んだが
   やっぱりお山が 恋しいと
   泣いてはどじょうを 困らせた

どんぐりもどじょうも、なんだかかわいそうになってしまう歌詞だ。しかし、山本氏によると、これには理由があるという。作詞をした青木存義氏が「子供達が自分で考えるように」と、あえて三番以降の歌詞をつくらなかったとされている。そこで、山本氏もオリジナルの三番を次のように考えた。

ニュース速報

ワールド

コロナワクチン接種、一般は5月開始 当面は16歳以

ビジネス

米カジノ大手MGM、英エンテイン買収を撤回

ビジネス

インドが電子商取引の外資ルール再修正検討、アマゾン

ビジネス

イエレン氏、景気回復へ「大きな行動」を 財務長官指

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月