最新記事

台湾海峡

「中台戦争の危険が急激に高まっている」環球時報

China Media Says Risk of War With Taiwan Rising

2020年10月13日(火)18時40分
デービッド・ブレナン

中国の台湾侵攻に備えて訓練を重ねてきた台湾軍兵士(2018年1月30日) Tyrone Siu-REUTERS

<対中強硬姿勢を強めるアメリカと台湾の接近に苛立ち、軍事的挑発をエスカレートさせる中国共産党からの警告>

台湾の蔡英文総統は10月10日、台湾の民主主義は中国による侵略の可能性に対する防備を強化していると述べる一方で、台湾を自国領土と主張する中国政府に「意義深い対話」を呼びかけた。

台湾独立を掲げる民主進歩党の主席で、1月の総統選挙で2期目に再選された蔡は、中華民国の建国記念日にあたる「双十節」の祝賀式典で、穏やかになだめるような口調で演説した。つい1カ月前には、台湾海峡で中国が軍事演習をおこなったばかりだ。

しかし中国国営メディアは、蔡による外交交渉の訴えを一蹴した。批判の急先鋒にいるのが、中国共産党の機関紙「人民日報」の姉妹紙である環球時報だ。蔡は演説で世界を「だまそうとしている」と同紙は述べ、ここ数カ月で中台間の戦争の危険が「急激に」高まっていると主張した。

中国共産党は「一つの中国」の原則にもとづいて台湾の領有権を主張。外交的手段が失敗に終わった場合には、軍事力によって台湾の支配権を手に入れると明言している。

蔡は10日の演説のなかで、台湾政府は「軽率な行動をとるつもりはなく」、「中台関係の安定を守るために力を注いでいく」と述べた。

軍事力で再統一

蔡は、中国政府との「意義深い対話を促進するために協力する用意がある」と語った。中台関係は最近、新型コロナウイルスのパンデミックや、香港の民主派活動家に対する中国の締め付け、新疆ウイグルでのイスラム系少数民族の弾圧、そして台湾海峡で継続される軍事演習をめぐって緊迫している。

中台をめぐる状況は「深刻に悪化している」と、11日の社説で主張した環球時報は蔡を非難し、「対話促進という考えを、時間稼ぎ戦術のための『オリーブの枝』として利用し、国際社会を欺いて同情を集めようとしている」と述べた。そして、蔡政権を「日和見主義の政治家の群れ」と切り捨てた。

中国共産党内の好戦的な意見を外に広めるためにしばしば使われる環球時報は、この台湾海峡で中国が最近行っている軍事演習について、「『分離』を求める勢力に対する明確な警告」と賛美した。台湾の独立派のことを指してのことだ。

「蔡政権の挑発のせいで、戦争の危険は急激に高まっている。蔡政権は崖っぷちに立っている」と同紙は続けた。

環球時報はさらに、中国人民解放軍が台湾海峡で最近実施した陸海空軍共同の上陸演習の映像も公開。この演習を、「台湾の分離主義者に対抗し、再統一を推し進めようとする中国の高い能力と確固たる意志」の証と表現した。

「この演習は、中国人民解放軍が台湾の支配権を掌握する際に威力を発揮する無人機、水上および地上車両を中心に行われた」と、同記事は続けている。

ニュース速報

ビジネス

テスラ、第4四半期は利益が予想下回る 納車目標曖昧

ビジネス

米国株は過去3カ月で最大の下げ、FOMC声明受け

ビジネス

FOMC声明全文

ワールド

バイデン氏、気候変動対応へ大統領令 外交・国家安全

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月