最新記事

感染症対策

ロシアの新型コロナワクチン「スプートニクV」、抗体反応確認=英医学誌ランセット

2020年9月5日(土)11時55分

ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に関する初期の臨床試験で全ての参加者に抗体反応が確認された。写真は4月10日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」に関する初期の臨床試験で全ての参加者に抗体反応が確認された。英医学誌ランセットが4日、試験結果を掲載した。

臨床試験は76人を対象に6-7月に2度行われた。100%の参加者が新型コロナウイルスに対する抗体ができたことを確認し、大きな副作用はなかった。

ロシアは8月、データの公表や大規模な臨床試験をする前に、世界に先駆けて国内用にこのワクチンを認可した。

ランセットは「42日間にわたる38人ずつの二つの試験で重大な副作用はなく、ワクチン候補で抗体反応が出たことを確認した」と説明。「長期的な安全性と効果を立証するには、偽薬を含む大規模で長期間の臨床試験が必要だ」と指摘した。

旧ソ連時代の世界初の人工衛星にちなんで名付けられたワクチンに対して、西側諸国の専門家は、国際的に認められた試験と認可の手続きを取ってから使用すべきだと警告していた。

世界的な医学誌に結果が掲載され、先週には4万人が参加する後期の臨床試験が始まっており、ワクチン開発を支えるロシア直接投資基金トップのキリル・ドミトリエフ氏は「これによって、西側諸国がロシアのワクチンをおとしめる目的でこの3週間念入りに聞いてきた全ての疑問に答えたことになる」と述べた。「全てがクリアされた。今度はわれわれが西側のワクチンについて質問する番だ」とロイターに語った。

ドミトリエフ氏は先週から始まった大規模試験に少なくとも3000人がすでに充てられたと述べた。初期の結果は10月か11月に出るという。

世界では複数の製薬会社が既に、それぞれ数万人の参加者を得て、後期の臨床試験を進めており、英アストラゼネカや米モデルナ、米ファイザーを含むいくつかは年末までにワクチンの効果と安全性が分かる見込みだ。

ランセットは、スプートニックVが初期臨床試験で「T細胞」と呼ばれる免疫システムの構成要素の反応を引き出したと述べた。科学者はコロナウイルス感染症を撃退する上でのT細胞の役割について細かく調べてきた。最近の研究結果は、T細胞が抗体よりも長い間身体を守る効果があることを示す。

ロシアのワクチンは、一般的な風邪を引き起こすヒトアデノウイルス5型(Ad5)とヒトアデノウイルス26型(Ad26)をベクター(運搬者)として2回に分けて投与する。

専門家によっては、この手法では多くの人がすでにAd5への免疫を持っているためワクチンの効果は低いと言う。

ワクチンを開発したガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターの開発者の1人はロイターに対して、安全性を確保した上でこれまでの免疫を上回る量のAd5を使用していると述べた。Ad5よりまれなAd26を合わせることで、双方の免疫を持ち合わせる人は限られているためワクチンの効果がさらに高まると説明した。

ロシアはこれまで、このワクチンを年末までに月々150万ー200万回分生産するとの見通しを示している。徐々に月600万回分に生産を増やすという。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死


20200908issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月