最新記事

感染症

カリフォルニア州でペスト感染者が確認──犬と散歩中、ノミに噛まれて

2020年8月25日(火)16時45分
松岡由希子

ペストは中世ヨーロッパの人口の約3分の1の命を奪った...... royaltystockphoto-iStock

<8月17日、カリフォルニア州で、北東部エルドラド郡サウス・レイク・タホの住民がペストに感染したことが明らかとなった......>

ペストは、ペスト菌の感染によって起きる人獣共通感染症(動物から人へ、人から動物へ伝播可能な感染症)である。ネズミなどの齧歯類を宿主とし、主にノミによって伝播されるが、ペットとして飼育されている犬やネコがペスト菌に感染したノミを屋外から家庭に持ち込み、感染が広がるケースもある。

通常、感染から7日以内に発症し、発熱や吐き気、倦怠感などの症状が現れる。早期に発見できれば抗生物質で治療できるが、適切な治療が行われなければ、致死率は30%〜100%と極めて高い。

2010年から2015年で、3248人が発症し、584人が死亡

14世紀に発生したパンデミック(世界的大流行)では、欧州で5000万人以上が死亡した。世界保健機関(WHO)によると、2010年から2015年までに世界全体で3248人がペストを発症し、584人が死亡。アフリカのコンゴやマダガスカル、南米ペルーで地域的流行がみられる。

米国では、1900年に初めてペスト感染者が見つかって以来、2012年までに1006名の感染者が確認されている。この数十年では、年間の平均感染者数は7名程度だ。

8月17日、カリフォルニア州でペストに感染

カリフォルニア州では、2020年8月17日、北東部エルドラド郡サウス・レイク・タホの住民がペストに感染したことが明らかとなった。

犬と散歩している際、ペスト菌に感染したノミに噛まれたとみられ、医療従事者の看護のもと、自宅で療養し、回復に向かっている。カリフォルニア州でペスト感染者が確認されたのは、2015年8月にヨセミテ国立公園でペスト感染者2名が確認されて以来、5年ぶりだ。

カリフォルニア州公衆保健局(CDPH)は、齧歯類のペスト菌への感染状況を定期的にモニタリングしている。2016年から2019年までのエルドラド郡でのサーベイランスでは、ジリスやシマリスなど、20匹の齧歯類がペスト菌に曝露していることが確認された。

ペスト菌は、カリフォルニア州の多くの地域に存在する

エルドラド郡の公衆衛生担当官ナンシー・ウイリアムズ博士は「ペスト菌は、エルドラド郡の標高の高い地域を含め、カリフォルニア州の多くの地域に存在する。屋外では、自身とペットの予防に努めることが重要だ。野生の齧歯類がいるエリアでのウォーキングやハイキング、キャンプの際は、特に気をつけてほしい」と呼びかけている。具体的には、リスやシマリスなどの齧歯類に餌をやらない、衰弱した齧歯類や齧歯類の死体に触らない、ペットをこれらに近づけない、といったことが挙げられている。

ペストへの感染リスクには、人と齧歯類との接触のほか、干ばつなどの気象も関与している可能性がある。人獣共通感染症を専門とするカリフォルニア大学デービス校のブルーノ・ショメール教授は、オンライン科学メディア「ライブサイエンス」において「干ばつによって食料が不足し、齧歯類が餌を求めてキャンプ場などに侵入する可能性がある。また、高温はノミが好む環境だ」と指摘している。

ニュース速報

ワールド

石油・ガス市場に影響も、アルメニア・アゼルバイジャ

ワールド

CDC所長「コロナ終息程遠い」、トランプ大統領と見

ワールド

英外相、北朝鮮の非武装地帯視察へ 今週訪韓

ワールド

中国、開放政策の強化を引き続き推進=王毅外相

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 5

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    習近平、中国共産党による新疆ウイグル統治の妥当性…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月