最新記事

感染第2波

東京都、1日のコロナ新規感染472人 1週間で2188人増加、感染者累計は1万3000人突破

2020年8月1日(土)23時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

東京都は1日、都内で過去最多となる472人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。写真は7月14日、東京・歌舞伎町で。REUTERS/Kim Kyung-Hoon

1日、都内で新たに472人の新型コロナウイルス陽性者が確認された。NHKなど国内メディアが報じた。

前日の463人を超えて過去最多を更新。2日連続で400人を超え、200人を超えるのは5日連続、100人を超えるのはこれで24日連続となる。この1週間で陽性者は2188人増加した。一方で重傷者は前日より1人減って15人になったという。

この日確認された陽性者のうち、20代と30代は合わせて324人で全体の69%を、30代と40代は合わせて159人で全体の31%を占めている。一方で、70代は7人、80代は6人、90代は1人と高齢者の感染が依然続いている点も懸念される。また感染経路が不明な人は305人で全体の65%になっている。

これで都内で確認された陽性者の合計は13,163人と1万3000人を突破、東京アラートが解除された6月11日以降の累計は7160人と7000人を突破した。

東京都では4月17日に206人の感染確認をピークに、徐々に新規陽性者が減り続け、5月23日には新規陽性者が2人まで減少。感染拡大の抑え込みに成功したかに見えたが、その後、新規陽性者が増加。7月に入ってからは連日100人以上の感染拡大が続いている。感染者が2人と最少だった5月23日以降の累計では7817人となっている。

酒を提供する飲食店などに週明けからの営業時間短縮を要請

こうした状況を受けて東京都は、感染拡大の原因のひとつとなっている会食での感染を抑えるため、8月3日から31日までの間、酒を提供する飲食店やカラオケ店に対して営業時間の短縮を要請した。これに応じた中小の事業者で、都の提供する感染拡大防止宣言のステッカーを掲載しているところには協力金として20万円を支給する。

小池都知事は31日、都内の感染状況について「多摩地域の多くにも広がっている。年代的に見ても重症化率が高くなる60代以降の高齢者にも拡大をしているということで、一刻の猶予も許されないことから「感染拡大特別警報」という言葉で表現をした。状況がさらに悪化すると、東京都独自の緊急事態宣言を発することも考えざるを得なくなる」と危機感を表した。また、都独自の緊急事態宣言を出した場合の休業要請については「どの業種、どの地域で、ということはピンポイントでやっていきたい。休業要請と言ってもすべての経済を止めた4月のような形ではない」と述べ、全面的な経済活動の停止は行わないという考えを示した。

政府、東京と大阪は医療提供体制への負荷が蓄積しつつある「感染漸増段階」

一方、政府は31日午後、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開催し、東京をはじめ全国各地で感染者が急増している状況について分析、対策を検討。分科会のあと、西村経済再生担当大臣と尾身茂会長が、感染状況を各都道府県ごとに4つの段階に分け、それぞれ必要な対応を検討していく方針を説明した。

【各都道府県で今後想定される感染状況】
■感染ゼロ散発段階:
感染者が散発的に発生している状況
■感染漸増段階:感染者が徐々に増加し、医療提供体制への負荷が蓄積しつつある状況
■感染急増段階:感染者数が急増し、医療提供体制に支障が出ている状況
■感染爆発段階:爆発的な感染拡大が起き、医療提供体制が機能不全に陥っている状況

そのうえで尾見会長は「東京や大阪は『感染漸増段階』にあるが、次の『感染急増段階』に移ってから対策をとっては遅すぎる。次の段階に移る予兆を見つけて、探知したらすぐに介入することで次の段階に移ることを防いでいただきたい」と語った。

一方、西村大臣は感染状況を判断するための指標について「全国の共通の仕様することを念頭に、都道府県の感染状況や地域のクラスター対策なども踏まえながら、どういった形で示すのか、専門家の皆さんに議論を深めていただこうと考えている」と、今後の分科会で議論を深めると述べるにとどめた。

東京都・新型コロナウイルス陽性患者数

  

東京都・新型コロナウイルス陽性患者数・累計

  

PCR検査等の結果

 

入院患者数

 

感染者の現在の状況

*チャーター機帰国者、クルーズ船乗客等は含まれていない
*「重症」は、集中治療室(ICU)等での管理又は人工呼吸器管理が必要な患者数を計上
*退院者数の把握には一定の期間を要しており、確認次第数値を更新している
 


【関連記事】
・日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由は? 高橋泰教授「感染7段階モデル」で見える化
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・がんを発症の4年前に発見する血液検査
・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に


20200804issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」

ニュース速報

ワールド

メキシコ、米J&Jなどコロナワクチンの後期臨床試験

ワールド

アークトゥルス、コロナワクチン初期臨床開始 第4四

ビジネス

中国新規融資、7月は9927億元に減少 広範な信用

ワールド

ロシア、新型コロナワクチン認可 世界初 安全性に疑

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 7

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 8

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 4

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 7

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月