最新記事

シリア

無防備なシリア難民に迫る新型コロナの脅威──越境支援期間の終了で人道危機に拍車

2020年7月14日(火)16時45分
ケネス・ローゼン(ジャーナリスト)

シリア南部バブアルヌールの国内避難民キャンプで消毒作業を行うシリア民間防衛隊のメンバー(今年3月) Khalil Ashawi-REUTERS

<ただでさえ脆弱なシリア国内の医療体制だが、検査キットなど救命物資を届けるための越境ルートが断たれれば、コロナ拡大は破滅的な結果をもたらしかねない>

シリアへの国境を越えた人道支援を継続するための国連決議2504号は、7月10日に期限切れを迎えた。国連安全保障理事会では先週、2つの決議案が採決されたが、結果はいずれも否決だった。

シリア北西部のイドリブ県では、新型コロナウイルスの最初の感染例が報告された。この地域ではロシアの支援を受けたバシャル・アサド大統領の政権軍が大規模な攻勢に出ている。このままでは、政権軍に包囲された300万人以上の人道危機がさらに深刻化する恐れがある。

2014年から毎年更新されてきた越境人道支援の継続を決めた国連決議2504号が採択されたのは今年1月。その後の交渉では、医療や教育を含む人道支援のために国境のどの地点を、どの程度の期間開放するかが議論の焦点になってきた。

ベルギーとドイツが共同提案した決議案はトルコ・シリア国境の検問所2カ所を1年間開放するというものだったが、中国とロシアが拒否権を行使。ロシアは開放する検問所を1カ所に絞る提案を行ったが、米英独仏などが反対に回り、7対4で否決された。

WHOは6月、イドリブ県に2000個のコロナウイルス検査キットを送っていたが、今月9日になって最初の感染例が確認されたと、シリア反政府勢力側が発表した。

トルコの南東部ガズィアンテプにあるWHO支部の責任者マフムード・ダヘルはAFP通信に対し、患者はシリア・トルコ国境の町バブ・アル・ハワの病院で働いている医師だと語った。

この地域は医療体制が脆弱で、政権軍は繰り返し医療施設を攻撃している。多くの人々が暮らすのは手狭な国内避難民用キャンプだ。

「生存に不可欠な支援物資を送るためには、国境の開放継続が極めて重要だ」と、アムネスティ・インターナショナル国連代表部の責任者シュリーン・タドロスは声明で述べた。「数百万人のシリア人にとっては飢えるかどうか、病院にとっては、命を救うための物資があるかどうかの問題。ロシアと中国の拒否権乱用は下劣で危険な行為だ」

緊急援助団体CAREが4月に実施した調査によれば、この地域では水、下水設備、医療廃棄物管理、衛生、環境浄化設備などがひどく劣悪な状態にある。10数カ所の避難民キャンプのうち、汚物処理施設が利用可能なのは10%にすぎない。

トイレが設置されている避難民キャンプは55%で、平均240人が1つの仮設トイレを共用している。水が常時利用可能なキャンプは全体の37%だけで、83%のキャンプは手洗い場がない。

【関連記事】教育も未来も奪われて働くシリア難民の子供たち

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月