最新記事

市場

金価格2000ドルの大台に迫る、不安からの逃避いつまで

Gold Price Forecast, Predictions As Market Hits All-Time High

2020年7月28日(火)17時45分
セレン・モリス

米ドルが信じられない時の金頼み Michael Dalder-REUTERS

<新型コロナ危機の広がりと経済回復の見通しの暗さから、投資家は実物資産である金や銀に資金を移している。つまり、先行きの暗さの反映だ>

金の取引価格は1オンス=1943.93ドルに達し2011年9月に記録されたこれまでの最高値を更新した。その後28日のアジアでの取引では、初めて2000ドルを記録した。

外出禁止令により企業の閉鎖が余儀なくされていた時期に、米国政府は、経済を維持して一時過去された労働者に所得を補償するために多額の資金を借り入れた。

これにより通貨の価値は下がり、相対的に金などの実物資産の魅力が増しているというわけだ。

通貨は紙切れに過ぎないが

投資家たちは、金融資産の魅力が下がる不確実な時代になると、価値保存手段として金を利用する。オンライン取引プラットフォーム「アクティブ・トレーズ」のチーフアナリストを務めるカルロ・アルベルト・デ・カーサはガーディアン紙に対し、金は「通貨市場の混乱に対する保険」と見なされていると述べる。

「通貨は紙に過ぎないが、金と銀はそれ自体に価値がある。だから、現在のような不確実な時代においては優れた投資対象になる」

ニューヨークの投資管理会社バンエックのファンドマネージャー、ジョー・フォスターは、フィナンシャル・タイムズ紙にこう語った。「最近の金の値上がりを牽引しているのは、アメリカにおける新型コロナウイルスの感染拡大と、経済回復には思ったより時間がかかりそうだという厳しい認識だ」

「米ドルが弱含みで、銀価格が高騰しているということは、投機的資金が市場に入っている可能性もある」

「金価格は、実質金利とドルが下がると上がる」と、UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのマーク・エーフル最高投資責任者はガーディアン紙に語る。「それに加えて、経済の見通しが不透明で金採掘業者の設備投資を抑えていて金の供給量が限られているため、今後も金価格の上昇は続くとみられる」

オーストラリア・コモンウェルス銀行の採鉱・エネルギー商品アナリストのビベク・ダールは、7月27日にCNBSに対して次のように語った。「現在の勢いからすると、今後数か月で1オンス=2000ドルの大台も突破するだろう。問題はその後どこまで上がるかだ」

「投資家は今神経質になっている。不安心理が強いほど彼らは金に殺到する」と、貴金属ディーラーのジョシュア・ロットバートは言う。

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>迷走続く米国の新型コロナウイルス対策 世界経済に最大のリスク
<参考記事>安倍政権の新型コロナ経済対策しだいで、日本経済の未来が変わる

【話題の記事】
科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める
中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染
傲慢な中国は世界の嫌われ者
「中国はアメリカに勝てない」ジョセフ・ナイ教授が警告

20200804issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」

ニュース速報

ワールド

ベラルーシのルカシェンコ大統領が就任式、事前予告な

ビジネス

資金繰り支援策、必要なら期限延長「十分ありうる」=

ワールド

日中首脳が25日夜に電話会談へ=関係者

ワールド

英財務相、休業者給与支援を延長しない意向=外相

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月