最新記事

人種差別

「ベートーベン黒人説」の真偽より大事なこと

Was Beethoven Black? Twitter Debates Race of German Composer

2020年6月19日(金)16時55分
セレン・モリス

肖像画やスケッチに描かれたベートーベンは白く塗り込められた姿? pictore/iStock

<何年も前に米大学の学生新聞に掲載された話が、全米で黒人差別反対デモが吹き荒れる今になって議論を呼んでいる訳>

ベートーベンは黒人だった?──以前、あるウェブサイトに投稿された仮説が注目を集め、議論になっている。

2015年、米コンコーディア大学の学生新聞「ザ・コンコーディアン」のウェブサイトに、作曲家ベートーベンは黒人だったと示唆する記事が投稿された。私たちが彼について知っていることは全て、嘘で塗り固められた虚構なのかもしれないと主張している。

ルードウィヒ・ファン・ベートーベンについて分かっていることは、1770年にドイツのボンで生まれ、1792年にオーストリアのウィーンに移住したこと、そして家族のルーツがヨーロッパ北部のフランドル地方にあることだ。

ザ・コンコーディアンへの投稿は、彼の母親であるマリア・マグダレーナ・ケフェリヒがムーア人(ヨーロッパに暮らすイスラム教徒やアフリカ系の人々)の子孫だった可能性が高いと示唆している。彼女が生まれたとされる地域が、ムーア人の直接の支配下にあったことがその理由だ。

投稿者はさらにベートーベンの身体的特徴を引き合いに出し、鉛筆で描かれたスケッチではベートーベンの肌が「とても濃い色で」描かれており、「黒人説」を裏づけていると説明。ベートーベンの肖像画を見ると白人に見えるが、これらの肖像画はどれもベートーベンのイメージを絵にしたものだから当てにはならないと主張した。

「ベートーベンの人種に関する真実がわかったからといって、彼の音楽の素晴らしさが変わる訳ではない」と、筆者は書く。「だがヨーロッパの植民地主義がどれだけ今の人種差別に影響を及ぼしているかを知ることには意義があると考えた」

当時のウィーンには黒人がいたが

「歴史上の偉大な人物はなぜ白人ばかりなのか。その不自然さに思い至ると、この問題について話すことがいかに重要かがわかる。もうそろそろ、全ての偉業を白人だけのものにするのはやめるべきだ。歴史はあまりに長い間、白人に独占されてきた」

だが、ベートーベンが黒人だったという説には上に書いた以上に大した根拠はない。サンノゼ州立大学のアイラ・F・ブリリアントセンター(ベートーベン研究施設)は、ベートーベン黒人説は「ベートーベン家の系譜研究」ではなく、「ベートーベンの祖先のひとりに婚外子がいたという仮説」を基にしたものだと指摘する。

同センターはさらに、こう説明している。「留意すべき重要な点は、ベートーベンが生きている間に、彼を黒人またはムーア人と呼んだ人は一人もいないことだ。当時のウィーン市民はムーア人についても、ベートーベンと共演した著名バイオリニストのジョージ・ブリッジタワーのようなムラート(白人と黒人の混血)についても、よく知っていた」

それでは今、「ザ・コンコーディアン」が多くのツイッターユーザーに拡散されているのはなぜか。

<参考記事>「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」
<参考記事>女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優勝する時代に

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月