最新記事

中英関係

若者は資格なし? 英国民になれる香港人の条件とは

Many Hong Kongers On Course to Become British

2020年6月8日(月)17時35分
ユアンイー・チュー(オックスフォード大学政治学講師)

イギリス植民地時代の香港の旗を振る民主化デモの参加者 TYRONE SIU-REUTERS

<中国政府による強権的な国家安全法の適用で揺れる香港住民に、英首相が市民権の大盤振る舞いを示唆。保守派や専門家もこれを歓迎しているが、その実態は一筋縄では行かない>

中国政府が香港を「本土並み」に扱う気なら、イギリスは香港人に「本国人並み」の待遇を与えようじゃないか。

本土の強権的な「国家安全法」を香港にも適用するという中国側の一方的な決定を受け、猛反発する香港人への共感と連帯の証しとして、ボリス・ジョンソン英首相は英国史上「最大級のビザ制度改革」を打ち出した。海外在住英国民(BNO)の資格を有する香港人には無条件で1年間(現行は半年)の本国滞在を認め、ゆくゆくは永住権や市民権(国籍)の取得にも道を開こうというものだ。

移民の大量流入に対する拒否反応がEU離脱の決定につながったことを思えば、なんとも皮肉な話だ。首相提案は最大約300万人の英国移住を可能にするものだが、今のところ保守派や専門家もこれを歓迎している。

だが、そもそもBNOとはいかなる資格なのか。当初の新聞報道では、対象者は30万人程度とされていた。しかしこの数字は、現にBNOパスポートを所持している人の数にすぎず、その申請資格を有する人はずっと多い。

また「英国民」と「英国市民」の違いも、よく理解されているとは言い難い。そこには大英帝国の歴史が深く関わっている。もともとBNOという資格は、地球の裏側からわざわざ海を越えてイギリスに来たがる人はほとんどいないという前提で設けられた(この前提、香港ではとっくに崩れ去っている)。

元来、大英帝国の領内に住む人のほとんどは、どんな人種であれ英国王室の「臣民」だった。征服王ウィリアムの時代からイギリスに住む生粋のロンドンっ子も、大英帝国の植民地インドから一歩も出たことのない異教徒も同じ臣民。それが建前だった。

だから大英帝国が香港を植民地とした翌年の1843年に香港の漁民がイギリスに渡って土地を買っていたら、その人物はイギリス貴族の男性と同様に選挙権を行使できたはずだ。ただし現実には、非白人のBNOが英国本土に移り住むことは、歓迎も奨励もされなかった。

しかし20世紀には植民地の解放が進み、独立する国も増え、BNOの位置付けは複雑になっていった。まず、英連邦(コモンウェルス)の加盟国に共通する市民権というものが試行された。加盟国それぞれの市民であると同時に、大英帝国の臣民でもあるという資格だ。

所詮は「二級市民」

扱いところが、思いのほかに非白人BNOの移住が多かった。そこで1962年、英国本土とアイルランドに地縁血縁のないBNOの移住を制限する措置が導入された。この措置は9年後に緩和され、祖父か祖母が当該地域の出身なら移住できることになったが、非白人が実質的に締め出される事情に変わりはなかった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月