最新記事

感染症

異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性者が亡くなっても死因はがんなどに

2020年5月24日(日)15時35分

写真は3月、モスクワ近郊の別荘で庭の消毒を行うリュボフ・カシャエバさん。 ダリア・コルニロワさん提供(2020年 ロイター)

今月ロシアの首都モスクワの病院で、リュボフ・カシャエバさんが74歳の生涯を閉じた。彼女は2回、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ていたが、公式の死因とされたはコロナではなく、患っていたがんだった。

義理の娘のダリア・コルニロワさんは「医師の診断書には悪性腫瘍による死亡と記されていた。コロナとはどこにも書かれていなかった」と話す。

カシャエバさんのように、新型コロナに感染して亡くなりながら、死因は別の理由とされた人はロシアで何千人にも上る。

同国の新型コロナ感染者数は29万9941人と世界第2位だが、死亡者は2837人で、米ジョンズ・ホプキンス大学によると、10万人当たりの致死率は1.88人にとどまる。米国の27.61人、英国の52.45人と比べるといかにも低い。

ロシアは、こうした死亡者の算定方法は妥当だと主張している。モスクワ当局の新型コロナ感染症の検死に関する指針を策定した病理学者Oleg Zairatyants氏はロイターに「われわれは新型コロナの特徴を熟知している」と語り、陽性判定されたのにコロナによる死亡とされていない点を問われると、検死結果は客観的だと強調した。「残念ながら人々が亡くなっていく。しかし、われわれにとって死因は明白」で、その点は問題になっていないとの見方を示した。

ただ愛する人を失った家族は、コロナに感染していなければ亡くなる時期がもっと遅くなったはずだと異論を唱えている。

カシャエバさんの場合、今年1月に末期の大腸がんと診断されたものの、化学療法を受ける予定になっていて、家族は延命に期待を抱いていた。しかし、体調が悪化して今月3日に病院に搬送されたときには、検査で両肺にコロナ症状である肺炎の進行が認められた。その後、2回のウイルス検査とも陽性反応が出た。カシャエバさんは8日に息を引き取った。

コルニロワさんは「コロナが間違いなく我が家のおばあちゃんの命を奪った。われわれは悲しみにくれている。コロナに感染していなかったら、化学療法を受けて、もう少し長生きできただろうに」と嘆く。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダ小売売上高、7月は7カ月ぶり減少 金利上昇を

ビジネス

再送マックが商品の約6割値上げ、ミスドも10─30

ワールド

中国・環球時報の元編集長、コロナ専門家に発言呼びか

ビジネス

東南アジアのスタートアップ企業、投資熱が資金調達面

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月