最新記事

感染症

異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性者が亡くなっても死因はがんなどに

2020年5月24日(日)15時35分

恣意的な判断

モスクワ市は、4月に死亡した新型コロナ感染者の60%余りについて、死因は新型コロナと別だと認定している。心臓発作や脳卒中による血管破裂、あるいは終末期の各種悪性疾患といった、明らかに別の病気があったからだとしている。

その上で市当局は、ロシアの新型コロナ死亡者の算定方法は他国よりも正確であり、これは既に700万人超に実施している全国的な検査プログラムの成果だと強調した。

これに対してコルニロワさんは、カシャエバさんの死因認定は政府の方針で決まったと感じている。「現時点で私が知る限り、ロシアのコロナ死者をできるだけ低く抑えるべきというのが政府の方針だ」と指摘した。

ロシアのゴリコワ副首相は、死亡者データの操作をしているとの見方を否定している。同国はほとんどの国と異なり、コロナ感染者がどのような理由で死亡したかを事後的な分析で決定する仕組みだ。

一部の医師は、その判断が恣意(しい)的だとみている。モスクワの病院で心臓疾患集中治療管理室を統括するAlexey Erlikh氏は「単純にいえば、誰もウイルスが直接の原因ではなく、ウイルスがもたらすさまざまな合併症のために亡くなる。だがウイルスによって慢性疾患の合併症が起きても死亡する。そうした事例をコロナの死者として数える必要はないと考える向きがあるが、私はコロナの死者とすべきだと信じる」と断言した。

難しい区別

英オックスフォード大学教授で医師のカール・ヘネガン氏によると、同国ではコロナの陽性者だけでなく、感染が疑われたものの検査結果で陽性と判定されずに亡くなった場合でも、全てコロナ死亡者に含めている。

ヘネガン氏は、コロナによる死者と、コロナだけでなく、ほかに病気があった死者を区別しない方針だとしている。モスクワのある病理学者も、この2つをはっきり区別するのは事実上不可能だと認める。

世界保健機関(WHO)のロシア代表、メリタ・ビノビチ氏は先週、地元テレビで「(死亡者を)意図的に低く算定していることはない。再集計が行われる可能性はあるが、今のところ重大な問題は見当たらない」と述べた。

それでも市民の疑念は払しょくされていない。11日に父親が亡くなったというレオ・シルコフさんは、コロナ死亡者がそんなに多く出ていると知っていれば、父をもっと早く入院させていたという。父親は陽性反応が出た後、人工呼吸器を11日間装着され、そのまま回復しなかった。

シルコフさんはソーシャルメディアで、父親の死因がコロナだと認定されなかったと明らかにするとともに「確かに父は数年前に心臓発作を起こしたし、腎臓が悪く糖尿病だった。しかしコロナにかからなければ、まだ生きていただろう」と無念の思いを口にした。

(Polina Ivanova記者 Maria Tsvetkova記者)

[モスクワ ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領
・ワクチンができてもパンデミックが終わらない理由
・緊急事態宣言、京都・大阪・兵庫を解除 東京など5都道県も専門家が25日に評価し解除可能に=安倍首相
・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」


20200526issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、中絶の権利法制化呼びかけ 上院規則改定

ビジネス

中国製造業PMI、6月は51.7に上昇 1年1カ月

ビジネス

景況感、非製造業が製造業を逆転 原材料高が重し=6

ワールド

中国の対ロ軍事支援見られず、商務省措置は通常対応=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月