最新記事

感染症

異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性者が亡くなっても死因はがんなどに

2020年5月24日(日)15時35分

恣意的な判断

モスクワ市は、4月に死亡した新型コロナ感染者の60%余りについて、死因は新型コロナと別だと認定している。心臓発作や脳卒中による血管破裂、あるいは終末期の各種悪性疾患といった、明らかに別の病気があったからだとしている。

その上で市当局は、ロシアの新型コロナ死亡者の算定方法は他国よりも正確であり、これは既に700万人超に実施している全国的な検査プログラムの成果だと強調した。

これに対してコルニロワさんは、カシャエバさんの死因認定は政府の方針で決まったと感じている。「現時点で私が知る限り、ロシアのコロナ死者をできるだけ低く抑えるべきというのが政府の方針だ」と指摘した。

ロシアのゴリコワ副首相は、死亡者データの操作をしているとの見方を否定している。同国はほとんどの国と異なり、コロナ感染者がどのような理由で死亡したかを事後的な分析で決定する仕組みだ。

一部の医師は、その判断が恣意(しい)的だとみている。モスクワの病院で心臓疾患集中治療管理室を統括するAlexey Erlikh氏は「単純にいえば、誰もウイルスが直接の原因ではなく、ウイルスがもたらすさまざまな合併症のために亡くなる。だがウイルスによって慢性疾患の合併症が起きても死亡する。そうした事例をコロナの死者として数える必要はないと考える向きがあるが、私はコロナの死者とすべきだと信じる」と断言した。

難しい区別

英オックスフォード大学教授で医師のカール・ヘネガン氏によると、同国ではコロナの陽性者だけでなく、感染が疑われたものの検査結果で陽性と判定されずに亡くなった場合でも、全てコロナ死亡者に含めている。

ヘネガン氏は、コロナによる死者と、コロナだけでなく、ほかに病気があった死者を区別しない方針だとしている。モスクワのある病理学者も、この2つをはっきり区別するのは事実上不可能だと認める。

世界保健機関(WHO)のロシア代表、メリタ・ビノビチ氏は先週、地元テレビで「(死亡者を)意図的に低く算定していることはない。再集計が行われる可能性はあるが、今のところ重大な問題は見当たらない」と述べた。

それでも市民の疑念は払しょくされていない。11日に父親が亡くなったというレオ・シルコフさんは、コロナ死亡者がそんなに多く出ていると知っていれば、父をもっと早く入院させていたという。父親は陽性反応が出た後、人工呼吸器を11日間装着され、そのまま回復しなかった。

シルコフさんはソーシャルメディアで、父親の死因がコロナだと認定されなかったと明らかにするとともに「確かに父は数年前に心臓発作を起こしたし、腎臓が悪く糖尿病だった。しかしコロナにかからなければ、まだ生きていただろう」と無念の思いを口にした。

(Polina Ivanova記者 Maria Tsvetkova記者)

[モスクワ ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領
・ワクチンができてもパンデミックが終わらない理由
・緊急事態宣言、京都・大阪・兵庫を解除 東京など5都道県も専門家が25日に評価し解除可能に=安倍首相
・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」


20200526issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米デル、AI対応製品の品揃え強化へ 新型PCやサー

ビジネス

国債金利、金融政策だけでなく様々な要因で決まる=官

ワールド

国債金利、金融政策だけでなく様々な要因背景に市場で

ビジネス

グーグル、フィンランドのデータセンターに10億ユー
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中