最新記事

感染症

異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性者が亡くなっても死因はがんなどに

2020年5月24日(日)15時35分

恣意的な判断

モスクワ市は、4月に死亡した新型コロナ感染者の60%余りについて、死因は新型コロナと別だと認定している。心臓発作や脳卒中による血管破裂、あるいは終末期の各種悪性疾患といった、明らかに別の病気があったからだとしている。

その上で市当局は、ロシアの新型コロナ死亡者の算定方法は他国よりも正確であり、これは既に700万人超に実施している全国的な検査プログラムの成果だと強調した。

これに対してコルニロワさんは、カシャエバさんの死因認定は政府の方針で決まったと感じている。「現時点で私が知る限り、ロシアのコロナ死者をできるだけ低く抑えるべきというのが政府の方針だ」と指摘した。

ロシアのゴリコワ副首相は、死亡者データの操作をしているとの見方を否定している。同国はほとんどの国と異なり、コロナ感染者がどのような理由で死亡したかを事後的な分析で決定する仕組みだ。

一部の医師は、その判断が恣意(しい)的だとみている。モスクワの病院で心臓疾患集中治療管理室を統括するAlexey Erlikh氏は「単純にいえば、誰もウイルスが直接の原因ではなく、ウイルスがもたらすさまざまな合併症のために亡くなる。だがウイルスによって慢性疾患の合併症が起きても死亡する。そうした事例をコロナの死者として数える必要はないと考える向きがあるが、私はコロナの死者とすべきだと信じる」と断言した。

難しい区別

英オックスフォード大学教授で医師のカール・ヘネガン氏によると、同国ではコロナの陽性者だけでなく、感染が疑われたものの検査結果で陽性と判定されずに亡くなった場合でも、全てコロナ死亡者に含めている。

ヘネガン氏は、コロナによる死者と、コロナだけでなく、ほかに病気があった死者を区別しない方針だとしている。モスクワのある病理学者も、この2つをはっきり区別するのは事実上不可能だと認める。

世界保健機関(WHO)のロシア代表、メリタ・ビノビチ氏は先週、地元テレビで「(死亡者を)意図的に低く算定していることはない。再集計が行われる可能性はあるが、今のところ重大な問題は見当たらない」と述べた。

それでも市民の疑念は払しょくされていない。11日に父親が亡くなったというレオ・シルコフさんは、コロナ死亡者がそんなに多く出ていると知っていれば、父をもっと早く入院させていたという。父親は陽性反応が出た後、人工呼吸器を11日間装着され、そのまま回復しなかった。

シルコフさんはソーシャルメディアで、父親の死因がコロナだと認定されなかったと明らかにするとともに「確かに父は数年前に心臓発作を起こしたし、腎臓が悪く糖尿病だった。しかしコロナにかからなければ、まだ生きていただろう」と無念の思いを口にした。

(Polina Ivanova記者 Maria Tsvetkova記者)

[モスクワ ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領
・ワクチンができてもパンデミックが終わらない理由
・緊急事態宣言、京都・大阪・兵庫を解除 東京など5都道県も専門家が25日に評価し解除可能に=安倍首相
・コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当局の科学者「恐ろしい」


20200526issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月26日号(5月19日発売)は「コロナ特効薬を探せ」特集。世界で30万人の命を奪った新型コロナウイルス。この闘いを制する治療薬とワクチン開発の最前線をルポ。 PLUS レムデジビル、アビガン、カレトラ......コロナに効く既存薬は?

ニュース速報

ワールド

韓国中銀、政策金利を0.50%に据え置き 「緩和解

ビジネス

FRBの決済システム「FEDワイヤー」に障害 3時

ワールド

米モデルナ、変異株対応の追加接種ワクチンを開発

ビジネス

トヨタ、1月世界販売4.6%増で過去最高 世界生産

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 2

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    ラッド元豪首相の警告「習近平は毛沢東になりたがっ…

  • 10

    米投資会社ブラックロックがビットコインに投資!金…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月