最新記事

マスク外交

欧州一の反中国家チェコに迫る中国「マスク外交」

China’s Mask Diplomacy Won’t Work in the Czech Republic

2020年5月22日(金)21時13分
ティム・ゴスリング(ジャーナリスト)

中国から送られた医療品100トンを運び出すチェコ軍兵士(3月22日、パルドゥビツェ) Josef Vostarek/REUTERS

<マスク不足を足掛かりに、長らく関係が冷え込んでいたチェコへの影響力拡大を狙う中国。EUとNATOの加盟国であるチェコを通じて西側の結束を揺るがす狙いだ>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の発生以降、中国がイメージアップのための「マスク外交」に力を入れているのは周知の通りだ。中国は新型コロナウイルスの発生源である上、当初、感染拡大の事実を隠蔽して世界中にウイルスをばら撒いたと非難されているためだ。なかで特別の注目を集めているのが、中国とは疎遠になっていた中欧・チェコ共和国の出方だ。

3月、中国から医療用品を運んできた航空機がプラハの空港に到着すると、アンドレイ・バビシュ首相をはじめとするチェコ政府の当局者たちが滑走路に並んだ。チェコでは、医療従事者のためのマスクや手袋などの個人用防護具(PPE)が不足して批判が高まっており、中国からの物資到着はバビシュを苦境から救ってくれるものだった。長年中国との関係強化を模索してきたミロス・ゼマン大統領もこの面目を一新。3月19日の演説では、「我々を助けてくれたのは中国だけだった」とEU(欧州連合)に当てこすりを言ってみせた。中国からはその後も物資が届けられた。

ゼマンの言葉は、チェコとの関係改善を狙う中国指導部を喜ばせたに違いない。だが外交筋は、中国がチェコに対する影響力を取り戻すのは難しいかもしれないと示唆する。チェコ外務省のある高官によれば、チェコが西側の同盟諸国から「信頼に足るパートナー」だと評されているのは、「中国と長期間に渡って関係が冷え込んでいる」せいでもある。中国と関係を改善すれば、西側と疎遠になりかねない。

中国の狙いはチェコ市場などではない

中国が改めてチェコとの関係を重視し始めたことを、チェコは警戒している。4月に漏えいしたチェコ外務省のある報告書は、中国がパンデミックを利用して国際社会での影響力増大を狙っていると指摘。EU加盟国、とりわけ中東欧の加盟国の支持を得ることによって影響力を強め、西側諸国を分裂させようとしていると警告した。

報告書が特に注目したのは、中国の習近平国家主席が主導する「17+1」イニシアチブだ。中国はギリシャなどバルカン諸国を含む中・東欧17カ国との首脳会議「17+1」で、巨大経済圏構想「一帯一路」建設に向けてこれらの国への投資を約束。アナリストたちは、中国の最終目的は中東欧の小規模経済国へのアクセスを得ることなどではなく、その影響力を利用して西側の国際機関を不安定化させることだと指摘する。

「チェコは地政学的な位置づけや技術革新といった観点からは、さほど重要な存在ではない」と、プラハを拠点とするシンクタンク「アソシエーション・フォー・インターナショナル・アフェアーズ」のイバナ・カラスコバは言う。「チェコの価値は、EUとNATOの加盟国であるところにある。中国は私たちを利用して、これらの欧州機関に影響力を行使したいのだ」

<参考記事>欧州で強まる反中感情
<参考記事>「中国製の人工呼吸器は欠陥品」イギリスの医師らが政府に直訴状

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、香港情勢巡り中国主席への制裁「考えてい

ワールド

デモ対応、軍投入が必要になるとは思わず=トランプ米

ビジネス

LVMHのアルノーCEO、ティファニー買収で再交渉

ワールド

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月