最新記事

マスク外交

欧州一の反中国家チェコに迫る中国「マスク外交」

China’s Mask Diplomacy Won’t Work in the Czech Republic

2020年5月22日(金)21時13分
ティム・ゴスリング(ジャーナリスト)

中国から送られた医療品100トンを運び出すチェコ軍兵士(3月22日、パルドゥビツェ) Josef Vostarek/REUTERS

<マスク不足を足掛かりに、長らく関係が冷え込んでいたチェコへの影響力拡大を狙う中国。EUとNATOの加盟国であるチェコを通じて西側の結束を揺るがす狙いだ>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の発生以降、中国がイメージアップのための「マスク外交」に力を入れているのは周知の通りだ。中国は新型コロナウイルスの発生源である上、当初、感染拡大の事実を隠蔽して世界中にウイルスをばら撒いたと非難されているためだ。なかで特別の注目を集めているのが、中国とは疎遠になっていた中欧・チェコ共和国の出方だ。

3月、中国から医療用品を運んできた航空機がプラハの空港に到着すると、アンドレイ・バビシュ首相をはじめとするチェコ政府の当局者たちが滑走路に並んだ。チェコでは、医療従事者のためのマスクや手袋などの個人用防護具(PPE)が不足して批判が高まっており、中国からの物資到着はバビシュを苦境から救ってくれるものだった。長年中国との関係強化を模索してきたミロス・ゼマン大統領もこの面目を一新。3月19日の演説では、「我々を助けてくれたのは中国だけだった」とEU(欧州連合)に当てこすりを言ってみせた。中国からはその後も物資が届けられた。

ゼマンの言葉は、チェコとの関係改善を狙う中国指導部を喜ばせたに違いない。だが外交筋は、中国がチェコに対する影響力を取り戻すのは難しいかもしれないと示唆する。チェコ外務省のある高官によれば、チェコが西側の同盟諸国から「信頼に足るパートナー」だと評されているのは、「中国と長期間に渡って関係が冷え込んでいる」せいでもある。中国と関係を改善すれば、西側と疎遠になりかねない。

中国の狙いはチェコ市場などではない

中国が改めてチェコとの関係を重視し始めたことを、チェコは警戒している。4月に漏えいしたチェコ外務省のある報告書は、中国がパンデミックを利用して国際社会での影響力増大を狙っていると指摘。EU加盟国、とりわけ中東欧の加盟国の支持を得ることによって影響力を強め、西側諸国を分裂させようとしていると警告した。

報告書が特に注目したのは、中国の習近平国家主席が主導する「17+1」イニシアチブだ。中国はギリシャなどバルカン諸国を含む中・東欧17カ国との首脳会議「17+1」で、巨大経済圏構想「一帯一路」建設に向けてこれらの国への投資を約束。アナリストたちは、中国の最終目的は中東欧の小規模経済国へのアクセスを得ることなどではなく、その影響力を利用して西側の国際機関を不安定化させることだと指摘する。

「チェコは地政学的な位置づけや技術革新といった観点からは、さほど重要な存在ではない」と、プラハを拠点とするシンクタンク「アソシエーション・フォー・インターナショナル・アフェアーズ」のイバナ・カラスコバは言う。「チェコの価値は、EUとNATOの加盟国であるところにある。中国は私たちを利用して、これらの欧州機関に影響力を行使したいのだ」

<参考記事>欧州で強まる反中感情
<参考記事>「中国製の人工呼吸器は欠陥品」イギリスの医師らが政府に直訴状

ニュース速報

ワールド

独小売売上高、8月は前月比+3.1% 予想を大幅に

ワールド

キャセイ航空、事業再建で「従業員の提案歓迎」

ビジネス

楽天、5Gプランは月2980円 4Gと同額

ビジネス

午後3時のドルは105円半ば、米株安で円高進行

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 8

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 9

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 10

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月