最新記事

コロナ対策

「コロナ疲れ」浮き彫りに、専門家が対策呼びかけ──英調査

2020年4月20日(月)15時50分
松丸さとみ

REUTERS/Steven Watt

<イギリスの専門家は、新型コロナウイルスからのネガティブな影響が精神面に出始めていると警告し、アプリなどデジタル技術を活用した介入が必要だと訴えている......>

3000人対象の調査、「コロナ疲れ」浮き彫りに

新型コロナウイルス感染症の流行からくる不安や、外出自粛などによるストレスは、「コロナ疲れ」などと表現されている。しかし「疲れ」などという軽い言葉では表現しきれないような不安や恐怖を抱く人もいるのではないだろうか。

英国では3月23日に外出禁止令が出され、国全体が「ロックダウン」状態になった。この数日後に英国で行われた2つの調査から、同国内ではその時点ですでに、コロナウイルスによる影響が人々の精神面に出ていたことが明らかになった。

この調査結果をもとに、メンタルヘルスのさまざまな分野で活躍する専門家24人が共同で、英精神医学専門誌「ランセット・サイキアトリー」に意見論文を発表した。専門家らは、新型コロナウイルスからのネガティブな影響が精神面に出始めていると警告し、アプリなどデジタル技術を活用した介入が必要だと訴えている。

調査は3000人以上を対象に、「新型コロナウイルス流行により、精神面で心配なことはあるか」、「心の健康を保つために何かしているか」などについて尋ねた。

2つの調査のうち1つは、メンタルヘルスに関する英慈善団体MQ:トランスフォーミング・メンタル・ヘルスが実施。電子メールやソーシャル・メディア(SNS)を使い、2198人から回答を得た。2つ目の調査は、英調査会社イプソス・モリがオンラインで行ったもので、1099人が回答した。

「先行き見えない」、「景気の悪化」で不安

2つの調査結果をまとめた報告書によると、コロナウイルス感染拡大による精神面への影響で気になることとして多かった回答は、「不安」「孤立」「メンタル面が不調にならないか」「心の問題への支援や医療サービスを受けられなくならないか」「家族や人間関係」だった。

「不安」の主な原因は、「パンデミックの先行きが見えない」、「雇用や経済面」、「食料や医療の確保」、「自分や家族がコロナにかからないか・コロナで死なないか」、などだった。また、メディアやSNSでの解説を繰り返し、または強迫的に見てしまうことから、不安感がより刺激されるという人も多かったという。

「孤立」については、人と距離を置くことやロックダウンでの外出制限など、新型コロナウイルスの感染予防策として実施していることが、精神面に悪影響を及ぼすと心配している人が多いことが分かった。家族など大切な人と会えない、人と交流ができない、エクササイズができない、などを訴える声もあった。調査報告書は、ロックダウンが長期にわたる場合、心の健康を損なわないために、孤立や孤独に対処するための方策が必要だとしている。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月