最新記事

ヘルス

尿と便から異常を察知して知らせるスマートトイレ

Smart Toilet That Can Detect Disease in Urine and Feces of User Created

2020年4月7日(火)19時28分
ハンナ・オズボーン

本人は何もしなくても、あとはトイレがやってくれる Artem Ermilov/iStock.

<個体識別、撮影、検体採取、分析、アラート等々を一手に処理するスマートトイレの元祖は、実は日本製だった>

人間が落とした便や尿から収集したデータから病気を発見する「スマートトイレ」が、アメリカの科学者によって開発された。

スタンフォード大学の研究者を中心とした研究チームが開発したのは、普通のトイレに設置できる装置。試験紙やビデオカメラなど多くの機能が組み込まれており、トイレを使用した人の排せつ物の特徴を分析する。

このスマートトイレの詳細は、学術誌『ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリング』で発表された。研究チームが目指すのは、使用者の健康を観察し、異常があれば通知して、病気の予防や予測につなげられるトイレだ。大腸癌や泌尿器癌などを発見できるという。

病気の予防・発見を助けるスマート機器はますます普及が進んでおり、市場は急速に動いている。

2020年2月にはイギリスで、ウェアラブル機器を活用してアルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患の兆候を見つけることを目指す世界的な取り組みが立ち上げられた。デジタルヘルス技術を使って、神経変性疾患のリスクがもっとも高い人々を見きわめ、早期発見率を上昇させることが狙いだ。

期待大のスマート健康機器市場

また、アメリカ心臓学会が発行する学術誌『Journal of the American College of Cardiology』でこのほど発表された研究から、活動量計(フィットネス・トラッカー)やスマートウォッチ、スマートフォンなどのモバイル健康機器を使えば、不整脈の原因となる心房細動の患者を検診・発見できることが明らかになった。

スマートトイレを使って健康観察を行おうという考えは、いまに始まったものではない。日本のトイレメーカーTOTOは、早くも2000年代に、尿糖値とホルモン濃度を測定できるトイレを開発している。しかし、当時はそうした製品の需要はあまりなかった。

2019年3月には米ロチェスター工科大学の研究チームが、トイレを使った心臓血管監視システムを開発したと発表した。このトイレの便座は、心拍数や血圧を計測できる。うっ血性心不全の患者に提供し、収集データを分析すれば、病状が悪化した際に医師に警告が行く仕組みだ。

このたび発表された最新トイレは、ほかのスマートトイレよりも先を行く設計がなされている。使用者の尿や便からデータを収集する方法が多様なのだ。「このアイデアは15年以上も前から存在している」。論文の責任著者で、スタンフォード大学医学部教授兼放射線科長のサンジブ・ガンビールは声明でそう述べた。チームはすでに、被験者21名による予備研究を終えている。

ニュース速報

ワールド

クシュナー米大統領顧問「黒人は成功望む必要ある」、

ビジネス

LVMHのティファニー買収、必要な認可全て取得 訴

ビジネス

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要

ワールド

来週北京など訪問、経済活性化計画を協議=香港行政長

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月