最新記事

感染症対策

「人命と経済」、米国が直面する新型コロナウイルス対策の難問

2020年4月4日(土)16時17分

米ミネソタ州でコンサルタント会社を営むモリー・ジャングバウアーさんは、新型コロナウイルスの影響で観光事業者の顧客からの収入が減り、従業員150人のうち30人を解雇せざるを得なくなった。写真は、ニューヨークに入った米海軍の病院船(2020年 ロイター/Mike Segar)

米ミネソタ州でコンサルタント会社を営むモリー・ジャングバウアーさんは、新型コロナウイルスの影響で観光事業者の顧客からの収入が減り、従業員150人のうち30人を解雇せざるを得なくなった。彼女は新型コロナ感染症を発症したニューヨーク在住の娘を案じてもいたが、一方で、ミネソタ州が無期限に外出を禁じて経済が停滞することは「不可逆的な」悪影響をもたらしかねないと懸念している。

このため同州のティム・ウォルツ知事が前週、当面の「計画」を示し、安堵感が広がった。今は商業・社会活動を厳しく制限するが、5月4日までに経済を再開すると知事は発表。「経済的な制限に関する一定の期限を知ることができてうれしい」とジャングバウアーさんは語る。

一部エコノミストの予想では、経済封鎖により米国の国内総生産(GDP)は25%がそれ以上縮小し、失業は数千万人に及ぶ可能性がある。

数千万人の失業および数兆ドルの経済損失とてんびんに掛けて、本来救えるかもしれない人命を犠牲することが許容されるのか――。米国の政治家らは今、この問いに頭を悩ませている。

トランプ大統領は、いったん4月12日までに経済活動を再開すると宣言した。だが、今月29日になって撤回し、目標を4月30日に延ばした。

トランプ氏の顧問、スティーブン・ムーア氏はロイターに対し「ウイルス検査を終えれば経済を再開できる」と述べ、検査拡大が決め手だと強調する。韓国は人口比で米国をはるかに上回る件数の検査を行い、経済を停止させることなく感染者を減らすことができた。米国もここ数週間で検査能力を高めた。

ムーア氏はまた、1)米中西部州でも西海岸や東海岸の州と同様のペースで感染者が増えているのか、2)物流大手フェデックスが実践しているように「社会的距離」を保ちながら勤務を続けられる人をもっと増やせるか――を把握することも重要だとした。

自宅待機を呼び掛け

州や自治体の当局者は、それぞれ独自の算法を講じている。

全米の感染者の約半数が発生しているニューヨーク州のクオモ知事は「われわれは人命をドルに換算しない」と宣言し、あくまで新型コロナ対応を重視する姿勢を示した。

同州に比べ感染者数の少ない州の知事は、死者数と経済損失額の双方の抑制を両立させようと計画を練っている。

ミネソタ州のウォルツ知事は25日、州内で最終的に240万人が感染するとのモデルを示し、現段階で手を打たなければ、ベッドと人工呼吸器の数が足りないため、最悪のケースでは同州で7万4000人が死亡すると警告した。

知事自身、感染者と接触した可能性があるため自主隔離中だ。

ウォルツ氏は、ワクチンが開発されるまで1年以上も経済活動を停止させる余裕は同州にないと説明。2週間は厳格な「自宅待機」命令を課し、あと数週間はそれより緩い命令に切り替えて、病院が受け入れられる準備の時間を稼げるようにする計画を示した。疫学専門家の言う「カーブを平たん化する」戦略だ。

「あと数週間、出歩かないようお願いします」と知事は語りかけた。

州高官らによると、ミネソタ州民の28%は2週間、一時的に職からあぶれる見通しで、うち約40%は有給休暇がないため、これでも厳しい内容には変わりない。

ウォルツ氏は、事業と学校が再開した際には、検査と対象を絞った隔離によって新たな感染を抑制する意向を示している。

ニュース速報

ワールド

極右「プラウド・ボーイズ」のメンバー逮捕、米議会乱

ワールド

南アのコロナ変異種、血漿療法効かず ワクチン効果限

ワールド

オランダ、全国的に夜間外出禁止へ 英・南アからの入

ワールド

バイデン米大統領が就任、「無意味な戦い終結」と団結

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 2

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 3

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 4

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    ドイツで新たな変異種発見か 規制厳格化で隔離義務…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月