最新記事

感染症

新型コロナウイルス死者急増のインドネシア 厳重梱包での死後4時間以内の埋葬を義務化

2020年4月9日(木)19時22分
大塚智彦(PanAsiaNews)

新型コロナウイルスで亡くなった者は厳重に梱包されたうえで死後4時間位内に埋葬される。 REUTERS/Willy Kurniawan

<パンデミックが引き起こすもう一つの悲劇、それは亡くなった人と満足な別れができないことだ>

新型コロナウイルスの感染者と死者が留まるところを知らずに増加の一途をたどっているインドネシアで感染による死者の葬儀、埋葬が「さらなる感染の拡大につながる」として緊急対応を迫られる事態になっている。

インドネシア国内で最も感染者数が多い首都のジャカルタでは州政府によって「感染者埋葬に関するガイドライン」が策定され、コロナウイルスによる死者はこのガイドラインに沿った葬儀、埋葬が義務付けられることになっている。

人口が世界第4位のインドネシアは、約2億6000万人の国民の約88%をイスラム教徒が占める。イスラム教徒が死亡した場合、教義により死後24時間以内に洗体して白い布で包んだだけの状態で遺体を土葬することになっている。

この24時間以内の埋葬のため、平時でも家族や親族・友人が遠隔地や海外にいると葬儀に間に合わないケースがよくあるという。

今回ジャカルタ州政府が打ち出したガイドラインは土葬のイスラム教徒あるいはキリスト教徒に限らず、一部で火葬を行う仏教徒なども含め全ての宗教に関わらず適用されることになっている。

感染・感染濃厚死者は死後4時間で埋葬

ジャカルタ市内のコロナ感染患者の治療、入院が指定されている特定病院で死亡した感染者あるいは陽性が確定していないものの感染している可能性のある死者は全て死後4時間以内の埋葬が義務付けられることになった。

患者が死亡すると病院内の完全に隔離された部屋で空気、水分を完全にシャットアウトするプラスチックで遺体を厳重に密封。その上からイスラム教徒の場合は教義に従った白い布(カファン)で包み、再度プラスチックで密封したうえ、さらに遺体袋に収めてから柩に安置する。そしてその柩を同じプラスチックで再度密封し、消毒液を散布してから搬出、霊柩車で墓地に運ぶようにガイドラインは求めている。

ジャカルタ州内では東ジャカルタのポンドック・ランゴン墓地、西ジャカルタのトゥガル・アルール墓地の2カ所の公共墓地が感染者あるいは感染の疑いのある死者の埋葬指定墓地となっている。

墓地で埋葬作業にあたる作業員にはマスク、手袋に加えて防護服の着用が義務付けられ、作業終了後には消毒液の噴霧を受け、さらに使用したマスク、手袋、防護服はその場ですぐに焼却処分にするという徹底ぶりだ。

死後4時間での埋葬となるため通常の葬儀は執り行うことが実質的に不可能になり、家族や親戚・友人らは墓地での埋葬を離れた場所からマスク着用のうえ見守ることが許されるという状況だ。

これはコロナ関連の死者と最後の別れを惜しむこともできない日本を含めた感染が拡大している諸外国と同じ状況である。

ニュース速報

ビジネス

米、中国との首脳会談検討 秋のG20で実現も=大統

ビジネス

米上院の超党派グループ、半導体分野への投資に対する

ビジネス

米、ハイパーインフレの危険性なし=イエレン財務長官

ビジネス

中国による台湾の軍事的占領、近い将来起こる公算小=

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月