最新記事

感染症

新型コロナウイルス死者急増のインドネシア 厳重梱包での死後4時間以内の埋葬を義務化

2020年4月9日(木)19時22分
大塚智彦(PanAsiaNews)

新型コロナウイルスで亡くなった者は厳重に梱包されたうえで死後4時間位内に埋葬される。 REUTERS/Willy Kurniawan

<パンデミックが引き起こすもう一つの悲劇、それは亡くなった人と満足な別れができないことだ>

新型コロナウイルスの感染者と死者が留まるところを知らずに増加の一途をたどっているインドネシアで感染による死者の葬儀、埋葬が「さらなる感染の拡大につながる」として緊急対応を迫られる事態になっている。

インドネシア国内で最も感染者数が多い首都のジャカルタでは州政府によって「感染者埋葬に関するガイドライン」が策定され、コロナウイルスによる死者はこのガイドラインに沿った葬儀、埋葬が義務付けられることになっている。

人口が世界第4位のインドネシアは、約2億6000万人の国民の約88%をイスラム教徒が占める。イスラム教徒が死亡した場合、教義により死後24時間以内に洗体して白い布で包んだだけの状態で遺体を土葬することになっている。

この24時間以内の埋葬のため、平時でも家族や親族・友人が遠隔地や海外にいると葬儀に間に合わないケースがよくあるという。

今回ジャカルタ州政府が打ち出したガイドラインは土葬のイスラム教徒あるいはキリスト教徒に限らず、一部で火葬を行う仏教徒なども含め全ての宗教に関わらず適用されることになっている。

感染・感染濃厚死者は死後4時間で埋葬

ジャカルタ市内のコロナ感染患者の治療、入院が指定されている特定病院で死亡した感染者あるいは陽性が確定していないものの感染している可能性のある死者は全て死後4時間以内の埋葬が義務付けられることになった。

患者が死亡すると病院内の完全に隔離された部屋で空気、水分を完全にシャットアウトするプラスチックで遺体を厳重に密封。その上からイスラム教徒の場合は教義に従った白い布(カファン)で包み、再度プラスチックで密封したうえ、さらに遺体袋に収めてから柩に安置する。そしてその柩を同じプラスチックで再度密封し、消毒液を散布してから搬出、霊柩車で墓地に運ぶようにガイドラインは求めている。

ジャカルタ州内では東ジャカルタのポンドック・ランゴン墓地、西ジャカルタのトゥガル・アルール墓地の2カ所の公共墓地が感染者あるいは感染の疑いのある死者の埋葬指定墓地となっている。

墓地で埋葬作業にあたる作業員にはマスク、手袋に加えて防護服の着用が義務付けられ、作業終了後には消毒液の噴霧を受け、さらに使用したマスク、手袋、防護服はその場ですぐに焼却処分にするという徹底ぶりだ。

死後4時間での埋葬となるため通常の葬儀は執り行うことが実質的に不可能になり、家族や親戚・友人らは墓地での埋葬を離れた場所からマスク着用のうえ見守ることが許されるという状況だ。

これはコロナ関連の死者と最後の別れを惜しむこともできない日本を含めた感染が拡大している諸外国と同じ状況である。

ニュース速報

ワールド

米英FTA、近く合意の公算 進展に「極めて満足」=

ビジネス

ユーロネクスト取引再開、前日の障害サイバー攻撃の可

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン治験、米で週内再開も

ワールド

ブラジルは中国の影響拡大監視を、米政府高官が呼び掛

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 6

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月