最新記事

アメリカ社会

コロナ感染爆発のニューヨーク、「医療崩壊は不可避」と州知事

Almost Any Coronavirus Scenario Will Overwhelm New York Hospitals, Gov Says

2020年3月27日(金)16時15分
ジェニ・フィンク

だが病床数を増やすだけでは十分ではなく、患者の世話をするスタッフも必要だ。クオモは、退職した医師や看護師に協力を求め、今後大勢の患者が病院に殺到した場合や医療関係者が病気になった場合、あるいは医療関係者の負担軽減のための予備人員を募集。26日の時点で応募者は5万2000人に上った。

マスクや手袋といった保護具の不足は解消されつつあり、ニューヨーク州として当面必要な分は確保できているとクオモは語った。だが人工呼吸器は不足している。当局は新たに人工呼吸器を調達するのに加えて、緊急対策として1台の人工呼吸器を2人の患者で使うという荒業をテストで確かめたほか、動物病院で使う人工呼吸器や、喘息用の吸入器から改造した人工呼吸器まで、ありとあらゆる手段を尽くして数を増やしている。

さらに問題なのは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の患者の場合、人工呼吸器を必要とする期間が長いことだ。そのほかの疾患の患者が人工呼吸器を使用する期間が平均3~4日なのに対して、COVID-19の患者は最大21日間にわたって人工呼吸器が必要になる。中には30日もの長い間、人工呼吸器につながれている患者もいる。その間、人工呼吸器は「回転」しないため、ますます数が必要になる。それでもその不足ぶりは「桁違い」で、残された時間は1~2週間だとクオモは言う。

感染のピークはこれから

しかも、かき集めた人工呼吸器は必ずしも命を救わない。クオモは26日、厳しい現実を明かした。「人工呼吸器につながれている期間が長くなればなるほど、呼吸器を外せなくなる可能性が高くなる......そうした人々は、必然的に亡くなっていく」

クオモは25日の会見で、ニューヨークの感染のピークはこれからだと警告。翌26日の会見では、今は歴史の中における「きわめて重要な瞬間だ」と述べ、この厳しい状況は人々の最悪な一面を露呈させることになる可能性もあるものの、国内外からニューヨークに多くの「感動的な」支援が寄せられていると語った。

「そうした支援は私に強さや活力をもたらしてくれるが、現状を取り繕うようなことはしたくない。現状は厳しい。だが厳しい時間が人を強くする」とクオモは言った。「今はまさにその時期なのだ」

20200331issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ビジネス

焦点:今年の株主提案は環境が「主役」か、鍵握る資産

ワールド

サウジ皇太子、カショギ記者殺害を承認 米が報告書

ワールド

米FDA諮問委、J&Jワクチンの緊急使用許可を勧告

ビジネス

米国株まちまち、ナスダック小反発 ハイテク株が盛り

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボンジュウ」を許されないとした理由

  • 3

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 6

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 7

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ…

  • 8

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 9

    株価が上がっているのに、「価値の下がっているモノ…

  • 10

    バイデンが提唱する対中連携を拒否 シンガポールが…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 5

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月