最新記事

感染症対策

新型コロナウイルスでマニラ事実上の首都封鎖 初日の検問所には軍も動員、テロ警戒か

2020年3月15日(日)21時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

首都圏マニラに通じる主要道路には検問所が設けられ警察官が乗り入れようとする人たちの身分証明書を確認している。ABS-CBN News -YouTube

<欧米の都市が続々と非常事態宣言をするなか、東南アジアではフィリピンが初の首都封鎖に踏み切った>

ドゥテルテ大統領による新型コロナウィルスの感染拡大防止策である事実上の都市封鎖が15日午前零時から始まったフィリピンの首都マニラは、これまでのところ大きいな混乱は生じていない。しかし首都圏マニラに通じる主要道路などに設けられた検問所ではチェックにあたる警察官とともに国軍兵士の姿もみられ、治安当局による厳重な警戒態勢が目立った。

地元マスコミ関係者などからは検問所への兵士の配置について「表向きは警察に協力するというものだが、マニラ封鎖という事態に乗じた犯罪と同時にテロを警戒したものである」との見方がでており、検問所周辺では混乱はないものの緊張した雰囲気が続いているという。

首都圏9市77カ所に検問所

15日から行われている首都圏マニラへの出入りをチェックする検問所は、主要な通りに設けられており、例えばケソン市では「パヤタス通り」「ロドリゲス・リザル・バウンダリー」「サン・マテオ通り」の3カ所で検問が行われ、パラニャケ市では「ロクサス・ブルバードとミア通りの角」「バクラランのUCPB前のエアポートロード」「スチャット・インターチェンジ」など16カ所、パッシグ市では「マンガハンのカギンハワン通りとレクシィ・アベニューの角」「デラ・パス・バランガイのグリーンパークゲート・フェリックス・アベニュー」など8カ所となっており、全体ではマニラ首都圏を構成する16市のうち主に外周部にあたり、他州からの交通がマニラ首都圏に通じる9市の77カ所となっている。

労働者の生活不安やテロ警戒

15日から実施されている首都圏マニラへの出入りの制限は、特別な理由や許可を受けた者以外は原則として足止めされる。このため、マニラ首都圏で仕事、特に日雇いの肉体労働やエンターテインメント業種などに従事していた労働者は実質的な失業状態に陥ることになる。

政府や地方自治体はこうした労働者に対する生活保障や賃金補てんの方針を明確に示していないことから、今後こうした労働者の生活が困窮し、不満が高まることも予想されている。

マスコミ関係者は15日の出入り制限から約2週間後あたりから治安悪化や犯罪増加の懸念が高まる、との見方を伝えている。

さらにこうした社会不安の増大に乗じる形でのイスラム教過激派組織、テロ組織、武装集団などによる爆弾テロを含む不測の事態への懸念もあり、治安当局では検問所への兵士配置とともに、政府関連施設や宗教施設などでの警戒も強める方針という。

フィリピンでは武装抵抗を続ける南部ミンダナオ島やスールー諸島などを拠点とする複数のイスラム系武装組織、テロ組織が現在も政府軍や警察部隊との衝突を繰り返している。

ニュース速報

ワールド

独が新たなコロナ規制策、28日に首相が州首相に説明

ワールド

中国共産党はスリランカの「略奪者」=ポンペオ米国務

ビジネス

JR東、GoTo効果で旅客に戻り コスト削減で「来

ビジネス

日立が通期の営業益予想を上方修正、市場予想は下回る

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 8

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 9

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 10

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月