最新記事

生物

「農薬がハチの幼虫の脳に害をもたらす」幼虫期への影響を解明する初の研究結果

2020年3月13日(金)17時15分
松岡由希子

マルハナバチの脳のマイクロCTスキャン Dylan Smith/Imperial College London

<これまでもハチの成虫への農薬の作用を研究する論文はいくつか発表されてきたが、幼虫期に農薬がどのような影響を及ぼしているのかを解明した研究がはじめて発表され注目されている......>

ミツバチが大量に失踪する「蜂群崩壊症候群(CCD)」が世界各地で確認されるなど、近年、ミツバチの個体数が減少している。その要因のひとつとして、農作物に散布される農薬がミツバチの生態に影響を及ぼしているのではないかとみられている。

たとえば、ネオニコチノイドは、蜂群崩壊症候群の誘因となるなど、ミツバチへの影響が指摘され、欧州連合(EU)で使用規制されているが、現在も、米国や日本をはじめ、世界で広く用いられている。

農薬の幼虫期への影響を解明した初の研究成果

英インペリアル・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームは、2020年3月4日、学術雑誌「英国王立協会紀要」において、「農薬はマルハナバチの幼虫の脳に害をもたらし、成虫になってからも学習能力に影響をもたらす」との研究論文を発表した。これまでにもハチの成虫への農薬の作用を研究する論文はいくつか発表されてきたが、幼虫期に農薬がどのような影響を及ぼしているのかを解明した初の研究成果として注目されている。

研究チームは、ネオニコチノイドを加えた花蜜の代替物をマルハナバチの群生に与え、幼虫がサナギから成虫に変態したのち、3日後と12日後に、匂いとご褒美の餌とを関連づけるタスクを10回行わせてその成功回数をスコア化する検査を実施。幼虫期にネオニコチノイドを摂取していない成虫の検査スコアを比較したところ、幼虫期にネオニコチノイドを摂取した成虫の学習能力は著しく損なわれていた。

記憶や学習をつかさどる脳の領域が小さくなった

また、研究チームは、マルハナバチ92匹を対象に、マイクロCTスキャナで脳の画像を撮影した。その結果、ネオニコチノイドを摂取したマルハナバチは、記憶や学習をつかさどる脳の領域「キノコ体」が小さかった。幼虫期にネオニコチノイドにさらされることでキノコ体が小さくなり、これによって学習能力が損なわれたのではないかと考えられている。

また、成虫に変態してから3日後と12日後を比較したところ、検査スコアもキノコ体の大きさにも変化はみられなかった。幼虫期にネオニコチノイドがもたらした作用は成虫になって以降も続くと考えられる。

研究論文の責任著者であるリチャード・ギル教授は、一連の研究結果について「農薬にさらされた幼虫が成虫になっても十分に食料を採集できなくなることで、農薬にさらされてからしばらく経過した後、ハチの群生への影響が顕在化する可能性があることを示している」とし、「このようなプロセスをふまえたうえで農薬使用のガイドラインを策定する必要がある」と指摘している。

ニュース速報

ビジネス

米ギャップ、第3四半期は32%減益 時間外で株価下

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者593

ビジネス

米株はダウ3万ドル突破、ワクチン開発進展や米政権移

ワールド

アストラゼネカ、コロナワクチン「非営利」確約を=国

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 6

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 7

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 9

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 10

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月