最新記事

新型コロナウイルス

米感染拡大、アジア系住民がヘイト攻撃を恐れて銃器店に殺到

Asian Customers Are Buying Weapons Over Coronavirus Backlash Fears

2020年3月13日(金)13時15分
イワン・パーマー

カリフォルニアの他の銃器店でも同じことが起きている。

「通常でも店は忙しいが、今回はまったく常軌を逸している」と別の銃器店のオーナー、デニス・リンは地元テレビ局の取材に語った。リンの店もアジア系アメリカ人が多く暮らす地域にあり、銃の販売数が急増している。やはり客の多くが人種偏見で攻撃されることを恐れて銃を購入している、と言う。

「人々は人種で差別する」とリンは言う。「忘れていた。同じ人間だし、アメリカに暮らしている。ここは中国ではないのに」

「家族と息子を守る」

この店の客の1人、エイプリル・チャオも、中華系だから攻撃されるのではないかと心配して武器を買いに来たと認めている。

「私の家族と息子を守らなければならない」とチャオは地元ラジオ局の取材に答えた。しかし、自宅があるロサンゼルス近郊のランチョクカモンガで人種差別を経験したことはないと言う。

アジア系アメリカ人による銃購入数の増加は、全米で最も感染者数が多いワシントン州でも報告されている。

「アジア人というだけで飛び掛かられてはたまらない、ということだと聞いている」と、シアトル近郊ベルビューの銃器店「ウェイドズ・イーストサイド・ガンズ」のネット販売担当コール・ゴーランは銃関連の情報サイト「The Trace」に話している。

米ジョンズ・ホプキンズ大学のまとめによると、アメリカでは13日時点で1663人の感染が確認され、40人が死亡した一方、これまでに13人の症状が回復している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

マレーシア成長率速報、第2四半期+5.8% サービ

ビジネス

MUFG、三毛会長・亀澤社長ら21人処分 顧客情報

ワールド

ゼレンスキー氏、英閣議に出席 長距離攻撃の必要性訴

ビジネス

世界的にシステム障害、米航空は運航停止 問題特定し
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 3
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 4
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 5
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中