最新記事

オーバーシュート

アメリカ、新型コロナウイルス感染8万2000人で世界最多に 医療物資・病床不足に直面

2020年3月27日(金)12時45分

米国の新型コロナウイルス感染者が3月26日、累計で8万2000人を超え、中国とイタリアを上回って世界最多となった。ニューヨークやニューオーリンズなど感染が深刻な地域は、入院患者の急増や医療物資、病床、スタッフの不足に直面している。米軍の病院船で働く医療スタッフ。提供写真。カリフォルニア州南部沖で24日撮影(2020年 ロイター U.S. Navy/Mass Communication Specialist 2nd Class Ryan M. Breeden/Handout via REUTERS)

米国の新型コロナウイルス感染者が26日、累計で8万2000人を超え、中国とイタリアを上回って世界最多となった。ニューヨークやニューオーリンズなど感染が深刻な地域は、入院患者の急増や医療物資、病床、スタッフの不足に直面している。

全米各州や地方当局の発表に基づくロイターの集計によると、米国の新型ウイルス感染者は累計8万2153人に達した。中国はこれに次ぐ8万1285人、イタリアは3番目に多い8万0539人となっている。

米国内の死者は少なくとも1206人となった。

人工呼吸器・病床の確保が急務

ニューヨーク州のクオモ知事は26日、新型ウイルスの流行に関する現実的な推測に基づくと州の医療体制の能力を超える状態に陥るとし、予想される人工呼吸器の不足は「桁外れ」の大きさだと警告した。

ニューヨーク市では少なくとも1カ所の医療機関で、1台の人工呼吸器を2人の患者で使用する試験を始めた。

クオモ知事はまた、病床数を現在利用可能な5万3000床から14万床に増やすことを目標としており、当局が仮設施設の建設地を探していると述べた。

知事は州内の病床を少なくとも50%増やすよう指示しており、各医療機関は施設内に新たに病室を設置するなど対応に追われている。

ここ1週間はニューヨークが流行の中心地となっているが、次は南部ルイジアナ州で感染が深刻化する兆候が表れている。同州最大の都市ニューオーリンズで2月に開催されたカーニバル「マルディグラ」が感染拡大を加速させたとみられている。

ルイジアナ州のエドワーズ知事は、早急に感染者の増加ペースを遅らせなければ、ニューオーリンズでは4月2日までに人工呼吸器がなくなり、病床は4月7日までに尽きる可能性があると警告した。

ニューヨークやニューオーリンズのほか、ミシガン州デトロイトなどでも感染が急速に拡大しつつある。

米国で最初に新型ウイルスがまん延したワシントン州のインスリー知事は、シアトル地域の感染状況は「非常に小幅な改善」にとどまっているとして、4月6日までの外出制限措置を2週間延長する可能性があると述べた。同州の感染者は26日午後の時点で約3200人、死者は147人となっている。

国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長はラジオ番組で、今後夏に向かって気温が上昇すれば感染拡大が抑えられる可能性があると述べた。ただ、冬場になれば再び広がる恐れがあるとして慎重な見方を示した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・欧州当局「新型コロナウイルス、夏に終息の公算小 高温多湿でも活発」
・新型コロナウイルス感染症で「嗅覚がなくなる」という症例が多数確認される
・新型コロナ、急がれる医薬品開発──抗ウイルス薬やワクチンがなかなかできないのはなぜ?


20200331issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月31日号(3月24日発売)は「0歳からの教育 みんなで子育て」特集。赤ちゃんの心と体を育てる祖父母の育児参加/日韓中「孫育て」比較/おすすめの絵本とおもちゃ......。「『コロナ経済危機』に備えよ」など新型コロナウイルス関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ワールド

韓国のWTO手続き再開、極めて遺憾=輸出管理で菅官

ワールド

トランプ氏、暴力鎮圧のため米軍動員に言及 大都市で

ワールド

豪首相、トランプ氏と電話会談 G7参加の意向伝える

ビジネス

豪航空ヴァージン買収、ベインとサイラスが最終候補に

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月