最新記事

感染症

韓国・大邱市、61歳女性が「スーパースプレッダー」か 新型ウイルス感染156人に急増

2020年2月21日(金)17時42分

韓国で新型コロナウイルスの感染者が新たに52人確認され、累計では156人となった。写真は20日、マスクを着けてソウル市街地を歩く女性(2020年 ロイター/Heo Ran)

韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は21日に開かれた政府の会合で、新型コロナウイルスの集団感染が発生した大邱とその隣の清道郡を感染症の特別管理地域に指定すると表明した。

当局の報告によると、同国では新型ウイルスの感染者が新たに52人確認され、累計では156人となった。そのうち111人が大邱か近隣地域に居住している。大邱で開かれた教会の礼拝に「31人目の患者」とされる61歳の女性が参加し、1人の発症者が多人数に感染を広げる「スーパースプレッダー」となった可能性が指摘されている。

大邱広域市の権泳臻(クォン・ヨンジン)市長は記者向けブリーフィングで、同教会の400人以上のメンバーが21日時点で新型ウイルスによる肺炎の症状を示していると明らかにしたうえで、検査はまだ進行中だとした。

同市長は、大規模な集会を禁止すると述べ、市民に対し、屋内にとどまるようあらためて呼びかけた。

韓国で当初、感染が確認された患者の多くは既に回復している。ただ、20日には新型コロナウイルスの感染者で初の死者が報告されている。

丁首相は「感染者と接触した人々を特定し、確定診断された感染者の治療を迅速に行うことが急務だ」と強調。「病床や人員、機器など必要な支援を即座に提供する」と語った。

また、軍の医療関係者を派遣し、一時的な隔離施設も設けると述べた。

聯合ニュースによると、首都ソウルの当局は、週末に開かれることが多い大規模なデモは禁止すると表明した。

*内容を追加します。

[ソウル 21日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増100人超す
・文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用
・感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「インフル猛威」のなぜ


大邱広域市では21日も新たな感染が確定し、市長が外出を控えるよう呼びかけている。 YTN NEWS / YouTube


20200225issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

ニュース速報

ビジネス

米FRB、ゼロ金利と量的緩和維持 「回復ペース鈍化

ビジネス

米財務長官、英独財務相と電話会談 緊密な協力で一致

ワールド

日米首脳が電話会談、同盟強化で一致 菅首相の早期訪

ワールド

ファイザー・モデルナ製ワクチン、米政府が競合へ製造

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月