最新記事

北朝鮮

文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

2020年2月20日(木)11時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

北朝鮮にとって韓国は一番頼りになる隣国のはずだが…… Korea Summit Press Pool/REUTERS

<新型コロナウイルス蔓延で北朝鮮が今後、韓国に救いを求める可能性は十分にあるはずだが、それでも金正恩は文在寅の非難を止められない>

北朝鮮が、このところ控えていた韓国の文在寅大統領に対する非難を再開した。

北朝鮮の対韓国宣伝サイトである「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」は19日、「事大と屈従は事態をいっそう悪化させるだけ」と題した論評を掲載。文在寅氏が、在米韓国大使館が8日に全米知事会(NGA)と開催したレセプションに送った映像メッセージを問題視した。

論評は、メッセージで「過去70年、両国は共に韓半島の平和と北東アジアの安全を守ってきた」「血で結ばれた韓米同盟は安全保障を越えて経済協力までも含む偉大な同盟になった」などと語った文在寅氏の発言に言及。

「まさに事大と外勢屈従のにおいが漂う不穏当な発言」であり、「現南朝鮮当局が今まで外勢依存政策を続け、これだけ苦い経験をしても、まだ気を取り直していないようだ」と非難した。

北朝鮮は現在、諸外国と同様、新型コロナウイルス対策で非常事態下にあるが、防疫体制が脆弱である分、日本や韓国よりも緊張度は高いと見られる。すでに国内経済は弱っており、治安の乱れを抑えつけるため、一時は低調となっていた公開処刑も活発化させている。

このような状況で新型コロナウイルスがまん延するようなことになれば、体制が土台から揺らぐ可能性すらある。

<参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

そのようなリスクを考えれば、いざという時に救いの手を差し伸べてくれそうな相手を考えそうなものだ。その意思と能力の両面で北朝鮮を支え得る存在の筆頭は、文在寅政権下の韓国に他ならない。

それでも金正恩氏は、どのような状況が生じようとも文在寅政権に頼るつもりはないようだ。でなければ、このタイミングで非難の論評を出すはずもない。

しかし、今のところ感染者が出たとの公式発表のない北朝鮮だが、状況がどう展開するかによって、金正恩氏の思惑が大きく外れることもあり得る。果たして新型コロナウイルスは、朝鮮半島情勢に影響を与える「変数」となるのだろうか。

<参考記事:「あと15日しかもたない」金正恩、新型肺炎で体制崩壊の危機

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

dailynklogo150.jpg



ニュース速報

ビジネス

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資

ワールド

焦点:コロナで再び台頭する保護主義、貿易戦争が世界

ワールド

英イングランドでパブやレストランが再開、首相「責任

ビジネス

独コメルツ銀、CEOと監査役会会長が辞任へ 大株主

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は韓国版Netflix育成を宣言

  • 4

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 5

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 6

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月