最新記事

米外交

暴発寸前のイラン、厄介な北朝鮮──最も危険な2つの火薬庫にトランプはお手上げ

Trump Is Clueless on Iran and North Korea

2020年1月8日(水)16時40分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

包囲事件の引き金は昨年12月29日、米軍がカタイブ・ヒズボラの関連施設5カ所を空爆したことだ。この空爆で少なくとも25人が死亡し、55人以上が負傷した。

米軍の空爆は、同月27日にイラク北部のイラク軍基地にロケット弾が撃ち込まれ、請負業者の米民間人1人が死亡した事件への報復だった(ほかに米兵4人とイラク治安部隊員2人が死亡)。だが、事前にイラク側に意見を求めることはなかったようで、イラク軍司令官は今回の空爆を「裏切り」と非難した。

現実認識を拒むせいで

米大使館包囲事件の3カ月ほど前から、バグダッドやイラク南部では、イランの過剰な影響力などに抗議する大規模な反政府デモが続いていた。だが米軍の空爆で、今度は親イラン派が抗議デモを行う口実を手にし、組織力を見せつけることになった。

イランと北朝鮮に対するトランプの態度は、危機の原因を全く理解していないことを証明している。

2015年に米英仏ロ中独とイランが結んだ核合意からアメリカが離脱せず、対イラン経済制裁を再開せず、イランと取引のある第三国をも対象とする制裁拡大に乗り出していなければ、昨今の一触即発の状態は避けられただろう。

トランプは、主に前任者バラク・オバマの外交的実績を受け入れたくないという理由で、政権高官全員が反対したにもかかわらず離脱を決めた。

それでもしばらくの間、イランはアメリカ以外の5カ国に核合意維持と通商継続を働き掛けていたが、アメリカの制裁はあまりに厳格だった。だからこそ、イランはトランプを交渉のテーブルに引き戻すべく、政治・軍事面で圧力を強化したのだ。

東アジアでの危機が悪化しているのも、トランプが現実を認識しようとしないせいだ。

現実には北朝鮮は核兵器保有国であり、その現実を変える気など金にはない。シンガポールでの首脳会談で、金は北朝鮮を「非核化」する「契約」に署名したとトランプは考えているらしいが、共同声明には北朝鮮が「朝鮮半島」の非核化に向けて「努力する」とあるだけだ。

北朝鮮とイランはどちらも極めて扱いにくい国だが、外交を行う方法は存在する。ビル・クリントン元米大統領は1994年、米朝枠組み合意にこぎ着け、北朝鮮の核開発プログラムを2003年まで凍結させた。オバマはほかの5カ国の指導者と共に、さらに実現が困難に思えたイランとの核合意を交渉によって達成した。

ニュース速報

ワールド

豪、ファイザーのコロナワクチン審査を1月までに終了

ワールド

米運輸省、航空機内に同伴可能な介助動物を訓練された

ビジネス

日銀の政策運営、金融緩和の持続力・柔軟性が改めて重

ワールド

ジスカールデスタン元仏大統領が死去 新型コロナで 

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月