最新記事

米外交

暴発寸前のイラン、厄介な北朝鮮──最も危険な2つの火薬庫にトランプはお手上げ

Trump Is Clueless on Iran and North Korea

2020年1月8日(水)16時40分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

包囲事件の引き金は昨年12月29日、米軍がカタイブ・ヒズボラの関連施設5カ所を空爆したことだ。この空爆で少なくとも25人が死亡し、55人以上が負傷した。

米軍の空爆は、同月27日にイラク北部のイラク軍基地にロケット弾が撃ち込まれ、請負業者の米民間人1人が死亡した事件への報復だった(ほかに米兵4人とイラク治安部隊員2人が死亡)。だが、事前にイラク側に意見を求めることはなかったようで、イラク軍司令官は今回の空爆を「裏切り」と非難した。

現実認識を拒むせいで

米大使館包囲事件の3カ月ほど前から、バグダッドやイラク南部では、イランの過剰な影響力などに抗議する大規模な反政府デモが続いていた。だが米軍の空爆で、今度は親イラン派が抗議デモを行う口実を手にし、組織力を見せつけることになった。

イランと北朝鮮に対するトランプの態度は、危機の原因を全く理解していないことを証明している。

2015年に米英仏ロ中独とイランが結んだ核合意からアメリカが離脱せず、対イラン経済制裁を再開せず、イランと取引のある第三国をも対象とする制裁拡大に乗り出していなければ、昨今の一触即発の状態は避けられただろう。

トランプは、主に前任者バラク・オバマの外交的実績を受け入れたくないという理由で、政権高官全員が反対したにもかかわらず離脱を決めた。

それでもしばらくの間、イランはアメリカ以外の5カ国に核合意維持と通商継続を働き掛けていたが、アメリカの制裁はあまりに厳格だった。だからこそ、イランはトランプを交渉のテーブルに引き戻すべく、政治・軍事面で圧力を強化したのだ。

東アジアでの危機が悪化しているのも、トランプが現実を認識しようとしないせいだ。

現実には北朝鮮は核兵器保有国であり、その現実を変える気など金にはない。シンガポールでの首脳会談で、金は北朝鮮を「非核化」する「契約」に署名したとトランプは考えているらしいが、共同声明には北朝鮮が「朝鮮半島」の非核化に向けて「努力する」とあるだけだ。

北朝鮮とイランはどちらも極めて扱いにくい国だが、外交を行う方法は存在する。ビル・クリントン元米大統領は1994年、米朝枠組み合意にこぎ着け、北朝鮮の核開発プログラムを2003年まで凍結させた。オバマはほかの5カ国の指導者と共に、さらに実現が困難に思えたイランとの核合意を交渉によって達成した。

ニュース速報

ワールド

豪シドニー、ロックダウン1カ月延長 コロナ感染者の

ビジネス

第2四半期の豪CPI、約13年ぶりの高い伸び コア

ワールド

韓国、コロナ新規感染者が最多更新 第4波封じ込めに

ワールド

英競売クリスティーズ、香港拠点を4倍に拡張へ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月