最新記事

健康

喘息の悪化に上気道の微生物叢が関係している

2019年12月23日(月)17時24分
松岡由希子

Juanmonino-iStock

<セントルイス・ワシントン大学の研究チームは、子どもの喘息の重症度と上気道の微生物叢との関連を示す研究論文を発表した......>

米国では、18歳未満の子どものうち600万人以上が喘息にかかり、その割合は約8.3%にのぼっている。上気道の微生物叢は喘息の病態生理において重要な役割を果たしているが、喘息児の上気道の微生物叢と喘息制御の喪失、重症度の悪化との関連については、まだ解明されていない。

上気道の微生物叢の変化によって呼吸器が病気に......

米セントルイス・ワシントン大学の研究チームは、2019年12月16日、オープンアクセス誌「ネイチャーコミュニケーションズ」において、子どもの喘息の重症度と上気道の微生物叢との関連を示す研究論文を発表した。

研究チームは、軽症から中等症の喘息にかかっている5歳から11歳までの214人の子どもを対象に、喘息がよく制御されている「グリーンゾーン」と喘息の制御が失われて注意を要する「イエローゾーン」との2つのタイミングで鼻粘液のサンプルを採取し、上気道の微生物叢を分析した。

その結果、「グリーンゾーン」のときはコリネバクテリウムやドロシグラヌラムが多く確認された一方、喘息の再発の初期兆候がある「イエローゾーン」ではブドウ球菌やレンサ球菌、モラクセラといった細菌が見つかった。

また、上気道の微生物叢を支配する細菌がコリネバクテリウムやドロシグラヌラムからモラクセラに転換すると、喘息の症状を悪化させるリスクが高まることもわかっている。これはすなわち、子どもの上気道の微生物叢の変化によって呼吸器が健康な状態から病気になることを示し、微生物叢のパターンの変化が喘息の悪化に重要な役割を果たしている可能性をも示唆している。

新たな喘息の治療法への道をひらく

研究論文の責任著者であるアブラハム・ベイグルマン准教授は、一連の研究成果について「子どもの喘息の重症度と上気道の微生物叢との因果関係を証明したものではない」としながらも「上気道に生息する細菌の種類を変えるという新たな喘息の治療法への道をひらくもの」と評価している。

研究チームでは今後、上気道の微生物叢を人為的に制御したマウス実験によって、細菌と喘息の重症度との因果関係を解明していく方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月