最新記事

英総選挙

離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解体か

Is This the Last U.K. Election?

2019年12月13日(金)17時05分
ジョシュア・キーティング

ボリス・ジョンソン率いる保守党の大勝でイギリスは来年1月にEUを離脱することに Toby Melville-REUTERS

<EU離脱の「脅威」から逃れようとスコットランドは独立へ、アイルランドは統一へ。イングランドの政治家も、もはや「連合王国」を維持する熱意がない>

イギリスは12月12日、事実上、ブレグジットの是非をもう一度問う総選挙を行った。2016年6月に国民投票でブレグジット(EU離脱)を選択したのだが、こじれにこじれてここへ至った。結果は、離脱強硬派のボリス・ジョンソン首相率いる保守党が下院の過半数を制し、来年1月の離脱にお墨付きを得た。

だが、そんな変化は序の口だ。ブレグジットのおかげで、イギリスはひとまとまりの「連合王国」としての存在を終えることになるかもしれない。

<参考記事>パリ高級不動産が急騰 イギリスEU離脱が追い風に

勢いづくスコットランド独立派

EU離脱が現実味を帯びたことで、EU残留を望んできたスコットランドではイギリスからの独立派が勢いを増している。スコットランドの独立を目指す地域政党のスコットランド民族党(SNP)も、大幅に議席を伸ばしたようだ。SNPのニコラ・スタージョン自治政府首相は、選挙中は独立の主張を抑え気味にしてきたが、依然として2020年に独立を問う国民投票の実施を求めていることに変わりはない。

イギリス政府が住民投票の実施を許可しなければ、SNPはスペインのカタルーニャ方式を選択し、無許可の住民投票を実施することも辞さない構えだ。大混乱に陥っているカタルーニャの現状を考えれば、相当に憂慮される事態だ。

EUとの離脱協議で最大のハードルとして浮上した北アイルランド問題も未解決のままだ。イギリスがEUに加盟したことによって、その一部である北アイルランドは、隣国アイルランドと経済的文化的な絆を深めることができた。それによって初めて凄惨な北アイルランド紛争の傷を癒し、アイルランドとの和平を実現することができたのだ。イギリスがEUから離脱すれば、また北アイルランドとアイルランドの間に壁ができるのか。

北アイルランドの親英保守政党「民主統一党(DUP)」は、最近まで保守党と連立を組んできたが、今回は議席を減らすと予測されている。一方、北アイルランドのナショナリスト政党「シン・フェイン党」は議席を増やしそうだ。

<参考記事>イギリスが強硬離脱すれば、南北アイルランドは統合へ向かう

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インドルピー、今年は売り圧力緩和へ=首席経済顧問

ワールド

欧州委員長がウクライナ訪問、軍事・経済支援確約 連

ワールド

ロシア、ウクライナの「ネオナチ」に勝利 プーチン氏

ビジネス

日銀新総裁「確定せず」と財務相、中曽氏がAPEC諮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 5

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 8

    「ロシアは勝てないが、ウクライナも勝てない」──「…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月