最新記事

音楽

プッシーキャット・ドールズ再結成、10年ぶりに新曲を披露

Pussycat Dolls Reunite for the First Time in 10 Years, Perform New Single

2019年12月2日(月)17時30分
バーナリ・パル・シンハ

10年ぶりに再結成し、英テレビ番組でパフォーマンスを見せたプッシーキャット・ドールズ Facebook

<新曲のダンスも超セクシー。ただしM・トーントンは参加せず>

アメリカのガールズバンド「プッシーキャット・ドールズ」が10年ぶりに再結成された。11月30日に放送されたイギリスのオーディション番組「Xファクター:セレブリティー」で久々にパフォーマンスを行い、ファンを熱狂させた。


舞台に立ったのは同番組で審査員を務めるニコール・シャージンガーと、アシュレイ・ロバーツ、キンバリー・ワイアット、ジェシカ・スッタ、カーミット・バシャーの5人。英メディアのメトロUKによれば、メロディー・トーントンは再結成には参加しないことを決断したという。

<参考記事>リアリティー番組の女王キム・カーダシアンが、弁護士を目指して超本気モード

5人は「ボタン」、「ホエン・アイ・グロウ・アップ」、「ドンチャッ」などのヒットメドレーに続き、新曲「リアクト」を歌った。新曲では椅子を使ったセクシーなダンスを披露、水を浴びせかけられる演出もあった。パフォーマンスが終わると、観客(それに審査員仲間のサイモン・コーウェルも)はスタンディングオベーションで応えた。

ダンスのキレも22歳の時と同じ?

「10年ぶりにやったわ! ファンがずっと応援してくれたし、サイモンにも感謝したい」とシャージンガーは述べた。「今までで最高」の経験だったと彼女は言う。

「仲間たちみんなが大好きだし、皆さんに新曲を披露するのが待ちきれない。時間はかかったけれど、プッシーキャット・ドールズがどういうものか世界に思い出させるには最高のタイミングだと思う」

<参考記事>全米/全英チャート初登場1位、でも......大人になれないテイラーを新アルバムから分析

活動再開への準備は着々と進んでおり、来年4月にイギリスとアイルランドで9日間にわたるコンサートツアーを行うことが発表されている。ただしこのツアーにもトーントンは参加しないという。

グループの生みの親であるロビン・アンティンは英紙サンに対し、トーントンにとっては再結成のタイミングが「よくなかった」と語った。シャージンガーも、トーントンと他のメンバーの間の不和はないと主張している。

グループはテレビ番組「グッド・モーニング・ブリテン」にも出演。再結成について語るとともに、メンバー間の関係はまるで変わっていないと述べた。

「どんな風になるか分からなくて、みんなわくわくしつつ不安だったと思う」とバシャーは述べた。

「活動再開はすごく楽しい。一緒にいるとすごい化学反応が起こせるから」とスッタは述べた。「それも楽しくて素敵な大人のやり方でできるようになった。それに22歳に戻ったみたいに(ダンスで床に)体を投げ出せるの。本当よ。体が覚えているの。でも手首は痛くなったけどね!」

(翻訳:村井裕美)

20191203issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:トランプ氏弾劾、「権力乱用」と「議会妨害」は

ワールド

英総選挙、労働党の87歳ベテラン議員が保守党候補に

ワールド

米下院が高齢者の処方薬費用軽減で法案可決、トランプ

ビジネス

「4選」全く考えず、改憲は私の手で成し遂げたい=安

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    白人夫婦の中華料理店、「クリーン」を売りにしたら…

  • 5

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 6

    これがフィンランドの新内閣 34歳サンナ・マリーン首…

  • 7

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 8

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

  • 9

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 10

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 5

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 10

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月