最新記事

動物

インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

2019年11月1日(金)17時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

女性に巻きついたという体長6mのヘビ Surya Malang Tribunnews via Twitter

<地球上のいたるところで自然破壊が進むとともに、野生動物と人間の遭遇や事故が増えている。その対照的な事件が起きた......>

インドネシアで全長が6メートル以上の巨大ヘビによる被害が最近また増えている。妻に巻き付いた巨大ヘビと格闘して救出した夫が「勇気ある男性」としてネット上でヒーローとなる一方、野生のブタを丸呑みしたものの身動きができなくなったヘビを住民が救出するなど、ヘビをめぐるホットな話題が続いている。

丸太があると思っていたら巻き付いて......

10月30日に地元「トリビューン・ニュース」が伝えたところによると、同月29日午前9時ごろ、スマトラ島北部のアチェ州ランサバロ県ジュランサにあるゴム農園で男性スプリアディさん(40)がゴムの樹から樹液を取る仕事をしていたところ、約10メートル離れた水田で働いていた妻ジャミラ・アリアス・ウピックさん(36)の大きな悲鳴を聞いた。あわてて妻のところに飛んでいったアプリアディ氏が見たのは巨大なヘビに足の方から巻き付かれた状態のジャミラさんだった。

アブリアディ氏は樹液採取のために手にしていた鉈で妻に巻き付いているヘビに切りかかり、なんとかヘビの頭部を切り落とすことに成功し、ジャミラさんは「呪縛」から解放された。

ジャミラさんは「最初は丸太があると思っていたら突然ヘビが体に巻き付いてきた」と話したという。アプリアディさんが付近の病院に担ぎ込んで現在治療中だが、ジャミラさんの命には別条がないという。

このニュースが報じられるとインターネットなどのSNSでたちまち拡散され、アプリアディさんは「危険を顧みずにヘビと戦った」「妻を救うためとはいえ英雄的行為だ」などと評判を呼び、一躍地元のヒーローになっているという。

その後の調べでジャミラさんに巻き付いたヘビは全長6メートルの巨大ヘビだったことがわかっている。

ブタ丸呑みして身動きできぬヘビ

newsweek_20191101_161138.jpg

十分太いはずの首も細い尻尾のようになったヘビ DayaniDhanz via facebook

一方facebookに最近投稿された動画では、野生のブタを丸呑みして身動きがとれずに水溜りにはまっていたヘビを、住民らが救出する様子がアップされ、話題となっている。

スマトラ島リアウ州バンカリス県ブキット・バトゥ郡にある荒地にあった水溜りに異常にお腹が膨れた約8メートルのヘビがいるのを地元住民が発見した。人間ではなく野生のブタを丸呑みしたことからヘビを殺すのではなく捕獲して別の安全な場所に移送することになり、住民らによる捕獲作戦の様子が動画撮影されている。

ヘビに噛まれないように頭部をガムテープ状のものでぐるぐる巻きにしたのち、数人がかりで鉄格子のついた檻(おり)に押しこんだ。作業に当たる住民らは「引っ張れ」とか「重たいな」などと声を上げながら結構楽しみながら作業に当たっている様子がアップされている。

ヘビを収容した檻は軽自動車の荷台に乗せられて、別の場所に運ばれたという。

20191105issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月29日発売号は「山本太郎現象」特集。ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か。森達也(作家、映画監督)が執筆、独占インタビューも加え、日本政界を席巻する異端児の真相に迫ります。新連載も続々スタート!

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トルコ沖でM7.0の地震、19人死亡 建物倒壊や浸

ワールド

アングル:米下院選、陰謀論「Qアノン」信奉者が当選

ビジネス

アングル:数百万の失業者をどう救う、次期米大統領を

ワールド

米CDC、クルーズ船の運航再開に向けた枠組み公表

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

  • 2

    韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

  • 3

    ドイツは日本の「戦友」か「戦争反省の見本」か ドイツ人はどう見ている?

  • 4

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 5

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 6

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 7

    豪グレートバリアリーフで高さ500メートルの巨大なサ…

  • 8

    「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

  • 9

    悪気はないのに黒人差別となじられた寿司店オーナー…

  • 10

    トランプのコロナ感染に歓喜する中国人の本音

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 3

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月