最新記事

カナダ

トルドー・リベラル首相再選に保守派が激怒、分離独立目指す動きも

Wexit: Conservative Canadians Call For 'Western Exit' From Trudeau's Canada

2019年10月23日(水)16時00分
シャンタル・ダシルバ

スキャンダル続きで再選を危ぶまれていたトルドー首相(10月22日)Stephane Mahe-REUTERS

<石油・ガス・鉱業が盛んなカナダ西部アルバータ州では、ほぼ全域で反トルドー派が勝利。連邦から離脱した方がよほど繁栄する、という意見が盛り上がっている>

カナダで総選挙が行われた10月21日の夜、ジャスティン・トルドー首相はモントリオールで、与党自由党の僅差での勝利を祝った。一方、遠く離れた西部カナダでは、保守派の人々による「ウエグジット」についての議論が盛り上がっていた。

「ウエグジット(Wexit)」とは、「ブレグジット(イギリスのEU離脱)」の頃語呂合わせ。その意味は文字通りカナダから「西部が離脱」することだ。

カナダからの分離独立を求める運動は、アルバータ州の石油・ガス産業の労働者から始まった。彼らはリベラルな現政権に対する強い不満を表明している。特に問題視しているのは、パイプラインのプロジェクトが宙に浮いたままになっていることだ。

<参考記事>メラニアとイケメン首相、G7で禁断の昼メロ劇場

この不満がトルドー政権の4年でどれほど高まったか、今回の総選挙の結果で明らかになった。アルバータ州ではほぼ全域で保守派が勝利したのだ。

カナダの放送局CTVの報告によると、ウエグジット運動への支持はソーシャルメディアで急増しているようだ。カナダのツイッターでは「ウエグジット」がトレンドになり、フェースブックのグループ「VoteWexit.com」に参加するメンバーも増えている。

22日の朝までに、VoteWexit.comグループには少なくとも7万3100人のメンバーが参加、多くの人が今後4年間、リベラル政権が続くことへの怒りを表明している。

西部と中央の大きな断絶

「西部諸州とカナダ政府の間には大きな断絶がある。そして今回の選挙の結果を受けて、関係はさらに悪化するだろう」とロナ・アンブローズ前保守党議員はカナダの放送局CTVの選挙番組で語った。

「西部はかつてカナダに加わることを望んでいたが、今は離脱を望んでいる。本気で議論しているのだ」と、彼女は言う。

今年8月にカナダの世論調査会社リサーチCo.が実施したオンライン調査によると、アンブローズの見方は的を射ているようだ。カナダからの「離脱」を求めるアルバータ州の住民は増加しており、10人に3人はカナダから離脱したほうがアルバータ州は繁栄すると感じている。

<参考記事>SNSで自滅する自撮り首相トルドー、スキャンダルで進歩主義イメージが...

だが同月、アルバータ州のジェイソン・ケニー州首相(統一保守党)はツイッターで、アルバータ州がカナダから追い出されるところは見たくないという声明を出した。

「アルバータ州民は、連邦の一員として不公平な扱いを受けていることに不満を抱いており、カナダからの離脱を支持する声さえある」と、彼は述べた。「トルドーにカナダから追い出されたくない。むしろ、彼を首相の座から追い出すことに集中したい」

VoteWexit.comのウエブサイトによると、11月にはアルバータ州全域で多くの集会が開催され、街頭デモによってウエクジットの声を拡大させることになっている。

集会は11月2日にエドモントン、16日にカルガリー、30日にレッドディアで計画されている。

(翻訳:栗原紀子)

20191029issue_cover200.jpg
※10月23日発売号は「躍進のラグビー」特集。世界が称賛した日本の大躍進が証明する、遅れてきた人気スポーツの歴史的転換点。グローバル化を迎えたラグビーの未来と課題、そして日本の快進撃の陰の立役者は――。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

  • 8

    トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

  • 9

    香港高裁と北京政府が激突

  • 10

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月