最新記事

安全保障

クルド人の悲劇からアメリカの同盟国が学ぶべき教訓

Kobani Today, Krakow Tomorrow

2019年10月17日(木)19時25分
ガーバン・ウォルシュ

米軍がシリアから逃げたとき、欧州は何もできなかった(写真は2018年、シリア北部マンビジの米軍用車) Aboud Hamam-REUTERS

<安全保障でアメリカを頼りにしている国は、肝に銘じる必要がある。トランプが米軍撤退をチラつかせながら理不尽な要求を突き付けてきたらどうするのかを>

ドナルド・トランプ米大統領が唐突にシリアからの米軍撤退を決定し、米軍と共にIS(自称イスラム国)と戦ってきたクルド人勢力を見捨てたため、シリア北部のクルド人は今やトルコの猛攻にさらされている。

トルコは、クルド人が住むシリアの国境地帯に幅30キロ程の空白地帯を設置する考えだ。トルコ軍の空爆や砲撃が続くなか、国境の町では逃げ遅れた住民がトルコ民兵の残虐行為の犠牲になっている。これまでも迫害の歴史に耐えてきて、またも裏切られたクルド人はこんな諺を思い出していることだろう。「われわれの友人は山だけだ」

トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は、2011年から続くシリア内戦からトルコに逃れてきた難民を、件の空白地帯に帰す(追放する)つもりだ。シリアとトルコの国境地帯に住むクルド人を追い散らし、同時にお荷物のシリア難民を放り出す「一石二鳥」の妙案、というわけだ。

トランプの決定がアメリカの中東戦略に壊滅的な影響をもたらすだろう。トランプは、米軍と共にIS掃討作戦を担ってきたクルド人を、オオカミの群れの中に放り出した。米軍は、頼りになる盟友を見捨てただけでなく、捕虜となった欧州出身のIS戦闘員の身柄を保護する責任も放棄した。本来は欧州各国が引き取るべきところだが、これまで拒否してきたのだ。

<動画>シリア北部マンビジ、米軍兵士の撤収後(1:10頃~)


「ISが再び息を吹き返すのを非常に危惧している」と、フェデリカ・モゲリーニEU外交安全保障政策上級代表は今週語った。モゲリーニの後任に指名されたスペインのジョセップ・ボレル外相は、「どうするつもりか」と記者に詰め寄られると、困った顔で「われわれには魔法の力はない」と答えた。

クルド人の悲劇を世界の教訓に

欧州諸国は1990年代のユーゴスラビア紛争の教訓を忘れてしまったようだ。ルールに基づく国際秩序を保つのは「魔法の力」ではなく、他国への侵攻を阻止し、侵攻した場合はすぐさま反撃できる軍事力だ。

「米軍が撤退しなければ、(トルコのシリア)侵攻は不可能だった。米軍撤退が攻撃の前提条件だった」と、ボレルは語ったが、明白な事実には言及しなかった。欧州には、撤収する米軍に取って代わる軍隊がないということ、彼にあったとしてもそれを動かす政治的意思が欠如しているということだ。

力の空白を即座に埋める手段も意思も持たないために、欧州は無力な傍観者となった。おかげで今や、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とシリアのバシャル・アサド大統領がその空隙を埋めようとしている。「クルド人の守り手」「地域安定の請負人」を標榜し、クルド人が多大な犠牲を払ってISから奪還した領土を奪おうとしている。

トランプの気まぐれなシリア撤退が、欧州にもたらした安全保障上のダメージも、IS復活の可能性にとどまらない。それよりはるかに深刻なのは、トランプが米軍の強大な力を利用して、「守ってほしければ言うことを聞け」と、同盟国にまで圧力をかけるようになる脅威だ。

安全保障でアメリカを頼りにしている国は、肝に銘じる必要がある。トランプの個人的な企み(例えば、米大統領選のライバルになりそうな民主党のジョー・バイデン前副大統領の息子の不正ビジネス疑惑を暴くこと)に協力しなければ、自力で国を守るしかなくなるかもしれない。

東欧諸国にとっては、これは究極のホラーだ。旧ソ連の国だったが今はEUとNATOの加盟国であるバルト3国は、米軍が守ってくれなくなれば、すぐにもロシアに攻め込まれかねない。右派の「法と正義」党が政権に返り咲いたばかりのポーランドも、自力ではとてもロシアの脅威に対抗できず、今や必死でトランプの顔色をうかがっている。

<参考記事>メルケル独首相、アメリカはもう同盟国ではない?
<参考記事>アジアに、アメリカに頼れない「フィンランド化」の波が来る

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち

ワールド

米議会襲撃で「死の恐怖味わう」、下院委の初公聴会で

ビジネス

米スタバ、7─9月期の既存店売上高見通しが予想上回

ワールド

ワクチン接種でも屋内でマスクを、米が指針見直し 感

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月