最新記事

韓国

韓国で広がるアフリカ豚コレラ感染......南北境界線の一般開放を中断

2019年10月16日(水)17時30分
佐々木和義

北朝鮮から韓国へ伝播したとされている...... 韓国坡州市 Yonhap via REUTERS

<韓国でアフリカ豚コレラが確認され、非武装地帯(DMZ)の一般開放が相次いで中断されるなど、その影響が広がっている......>

韓国で豚肉の価格が上昇している。韓国北部の京畿道坡州市や漣川(ヨンチョン)郡、仁川の江華島でアフリカ豚コレラが確認され、農林畜産食品部は1万頭あまりの殺処分を決定し(6万頭以上の殺処分予定ともいう)、一時移動停止命令を発令した。発症地域の観光行事が中止や縮小に追い込まれるなど、影響が広がっている。10月9日以降は、新たな発症は確認されていないが、当局はなお危険な状況にあるとして防疫に力を注いでいる。

東アジアで感染が報告されていないのは日本と台湾のみ

アフリカ豚コレラ(ASF)は豚やイノシシのウイルス性感染症で、40度から42度の高熱や食欲不振、起立不能、嘔吐、皮膚出血などの症状が現れる。人体には無害だが、有効なワクチンはなく、致死率は100%近い。1912年にケニアで発見され、英国の獣医病理学者モンゴメリーがAfrican Swine Fever(アフリカ豚コレラ・ASF)と命名した。

ASFは1957年にポルトガルとスペインに上陸し、2007年に黒海沿岸のジョージアで確認された後、ロシアにも拡がった。2018年8月には中国で発症が確認され、100万頭を越す豚が殺処分された。2019年5月、北朝鮮で見つかり、韓国でも確認されたいま、東アジアで感染が報告されていないのは日本と台湾のみとなっている。

2019年9月17日、京畿道坡州市にある養豚場で発症が見つかったのを皮切りに、仁川江華島など計13箇所で感染が報告された。韓国農林畜産食品部は、全国の養豚場や飼料工場、出入り車両などに移動制限を発令し、京畿道、仁川市、江原道の重点管理地域に消毒車両303台を投入して関連施設や主要道の消毒を行った。発症が確認された養豚場から半径3キロ以内にある施設などおよそ600箇所で精密検査を行い、命令に違反した車両3台を摘発している。

北朝鮮から韓国へ伝播した?

韓国への感染経路は明らかになっていないが、北朝鮮から伝播したという見方が有力だ。南北間の流通はなく、国防部もイノシシなどが北から越境した例はないとしているが、南北国境の非武装地帯(DMZ)で野生イノシシの死骸が発見されており、環境部はASFに感染したイノシシの死骸がイムジン河を流れてきた可能性を指摘する。発症が国境に隣接する地域に限られているからだ。

北朝鮮の畜産業は、公式には国営と農業協同組合の共同畜産だが、個人副業が少なくないと専門家は指摘する。飼料の供給不足で国営や協同農場の生産能力が大きく落ちており、当局が個人畜産を推奨しているというのだ。

牛は中央が管理するが、豚は個人飼育が可能で、豚1頭でコメ100キロを入手できる。農村はもちろん、多くの都市でベランダや便所などで育てられており、個人副業が北朝鮮の市場で取引される豚肉の80%から90%を占めるとさえいわれている。有名無実化した衛生管理制度のもと、非衛生な環境で育てられた豚から感染した野生のイノシシが、DMZやイムジン河を通って越境入国した可能性が高いのだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ブラジル新型コロナ感染者が50万人突破、死者3万人

ワールド

トランプ政権、ブラジルに抗マラリア薬200万回分供

ワールド

EU、米にWHOとの関係断絶巡り再考求める

ワールド

ポルトガルが封鎖解除第3段階へ、リスボン地域は一部

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 5

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 6

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月