最新記事

健康

比ドゥテルテ、難病告白 不安抱く国民に「年相応の病気持ち」と発表し火に油

2019年10月10日(木)19時22分
大塚智彦(PanAsiaNews)

確かにドゥテルテの片目はまぶたが下がって、心ここにあらずといった様子に見える REUTERS

<政治家にとって健康問題は命取り。難病の大統領は過密スケジュールに「俺を殺す気か」と漏らしたという>

フィリピンのドゥテルテ大統領が難病である「重症筋無力症」を患っていることを自ら告白して話題となっている。74歳になるドゥテルテ大統領はこれまでにも数々の健康不安説が流れ、自身も背中の痛みや内臓の不調、睡眠薬服用などの病気を明らかにするなど満身創痍の状態とされている。

大統領の任期は2022年まで残っていることから「任期途中の辞任」のうわさも出ているが「大統領の職務遂行には支障も心配もない」(大統領府)として国民の不安払しょくに懸命となっている。

ロシアを訪問中だったドゥテルテ大統領は10月5日、モスクワで行われたフィリピン人コミュニティーとの会合の席で自ら「筋力が弱くなって片方の目のまぶたがさがる症状が出ている。このため片方の目は一方より小さくて勝手に動く」と目の調子に関して話しはじめた。

そして大統領府が6日に発表したドゥテルテ大統領の発言記録などによると「これは神経の機能不全で重症筋無力症であり、祖父からの遺伝だ」と病名についても明らかにしたのだった。

フィリピンのマスコミは一斉にこの発言を伝え、「確かに片方の目のまぶたが重たそうに見える写真がある」などと伝えるとともに大統領の過去の健康上の問題や病気にまで言及した。

ABSCBNニュースはさらに「74歳という年齢を考えれば、大統領は年齢相応の病気を持っており、特段心配することではない」とするサルバドール・パネロ大統領府報道官のコメントを伝え、国民の間に健康不安説が広がることへの懸念を示した。

睡眠障害に食道逆流症など満身創痍

2016年の大統領就任以来、ドゥテルテ大統領には健康問題が実は常に付きまとっていた。
2017年には睡眠時に酸素供給装置を使用していることを明らかにし、さらに脊髄損傷の痛みを和らげる鎮痛剤の処方も明らかにした。

2018年には胃と腸の内視鏡検査の結果、胃食道逆流症と医師団から診断されたこともある。2019年には睡眠薬の常用的服用を告白したほか、目が見えなくなっていると報道されたこともある。

こうした報道などで「いつも眠たそうにしている」「目を閉じているようだ」などという指摘は大統領自身が今回自ら告白した「重症筋無力症」と関係した症状だったのではないかとみられている。

フィリピンのマスコミ報道などがフィリピン医師会の見解などとして伝えたところによると、「重症筋無力症」は「目や口、顔、手足の筋肉が正常に動かなくなる神経系の病気で話しにくくなったり、まぶたが重くなったりというような症状が出るが治療法は確立していない」という。

ちなみに日本の厚生労働省では「重症筋無力症」は「特定疾患に指定された神経筋系の難病」とされているという。


20191015issue_cover200.jpg ※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ワールド

新型コロナ感染者、ロシア・東欧で増加 西欧は減少=

ビジネス

英消費者、コロナ封鎖下で借金返済優先 住宅ローン承

ワールド

米デモ隊対応の警官が銃で撃たれる、セントルイスとラ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月