最新記事

台風

台風19号、交通機関などの対応

2019年10月11日(金)18時11分

超大型の台風19号は、勢力を維持したまま、太平洋沿いを北上し日本へ向かっている。 米航空宇宙局(NASA)/REUTERS

《鉄道》

◎JR東海

東海道新幹線の東京─名古屋間は12日始発から終日、運転を取りやめ、名古屋─新大阪間は上下計6本のみ運行。

◎JR東日本

首都圏全域と静岡県の一部の在来線は12日午前9時以降、順次運転を取りやめ。東北・山形・秋田・北陸・上越の各新幹線は、12日午前11時以降に出発する列車から本数を減らし、その後運休。

《航空便》

◎全日空

12日に全国各地の空港を発着する490便を欠航。このうち、羽田と成田を発着する全便が、中部と関西を発着する便はほとんどが欠航に。

◎日本航空

12日に全国各地の空港を発着する513便を欠航。羽田と成田を発着する便はほとんどが欠航に。

一方、国際線は、全日空は一部の早朝・深夜便を除きほとんどが欠航。日本航空も羽田と成田を発着する便を中心に多数が欠航。

《高速道路》

◎中日本高速道路

10日午後2時から西湘バイパス下り線の西湘二宮インターチェンジ─早川IC間、同午後8時から東名高速下り線の富士IC─清水ジャンクション間を通行止めに。解除時間は未定。

その他、11日から東名の同区間の上り線、12日から伊勢湾岸道や新名神高速、中央道の一部の上下線で通行止めの可能性。

《製造業》

◎トヨタ自動車

12日に国内3工場を休業。休業となるのは、トヨタ自動車九州の宮田工場(福岡県宮若市)、トヨタ車体のいなべ工場(三重県いなべ市)、岐阜車体工業の本社工場(岐阜県各務原市)。

◎ホンダ

12日は終日、埼玉製作所、鈴鹿製作所、トランスミッション製造の浜松工場、パワートレインユニット製造の栃木工場の稼動を停止。完成車生産への影響はない。

◎アサヒグループHD

傘下のアサヒビール茨城工場(茨城県守谷市)の操業を、12日夕方から13日午前中まで見合わせ。製造はその他の時間に行うため、供給に影響はない。

《百貨店など》

◎三越伊勢丹HD

12日は東京・日本橋の三越本店、新宿の伊勢丹本店など首都圏の6店舗を臨時休業。

◎イトーヨーカ堂

12日は1都7県124店舗が12日に臨時休業。台風の状況により、急遽開店・閉店時間が変更になる可能性。

《その他》

◎オリエンタルランド

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、12日終日休園、13日は昼頃まで休園の見込み。

◎ユー・エス・ジェイ

12日はユニバーサル・スタジオ・ジャパンは終日休園。

◎JRA

12日、13日の東京競馬は開催を中止。

◎ヤマト運輸

12日は一部で集配、営業所の受付業務を停止。東京都、神奈川県など首都圏から中部地域にかけては終日、東北地域、埼玉県などの関東の一部、大阪府などの関西地域は正午から、その他地域でも一部停止。

◎佐川急便

12日は一部で集配、営業所・サービスセンターでの荷物預かりと引き渡し業務を中止。該当地域は茨城県、栃木県などの関東地域から愛知県、三重県にかけて。

[東京 11日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20191015issue_cover200.jpg
※10月15日号(10月8日発売)は、「嫌韓の心理学」特集。日本で「嫌韓(けんかん)」がよりありふれた光景になりつつあるが、なぜ、いつから、どんな人が韓国を嫌いになったのか? 「韓国ヘイト」を叫ぶ人たちの心の中を、社会心理学とメディア空間の両面から解き明かそうと試みました。執筆:荻上チキ・高 史明/石戸 諭/古谷経衡

ニュース速報

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

ワールド

スウェーデン中銀、政策金利0%に据え置き 景気リス

ワールド

インドネシア、2020年の成長率予想引き下げ 最大

ワールド

中国がチベットで労働移動政策強化、職業訓練へて建設

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月