最新記事

映画

そっくりさんに襲われる悪夢、見終わっても落ち着かない傑作ホラー『アス』

Nobody Is Safe from Us

2019年9月13日(金)14時30分
デーナ・スティーブンズ

うり二つの存在が与える恐怖を描く『アス』 (c)UNIVERSAL PICTURES

<胃が痛くなるほど先が読めない本作は、米社会の分断を描いているのか>

あなたたち誰なの?

突然家に押し入り、自分と夫と2人の子供を拘束した侵入者たちに、アデレード(ルピタ・ニョンゴ)は問い掛ける。そろいの赤い服を着て、見るからによく切れそうな金のハサミを手にした4人組は、アデレードたち一家に生き写しだ。アデレードのドッペルゲンガー(分身)が耳障りな声で答える。「私たちはアメリカ人」

ジョーダン・ピール監督・脚本の新作ホラー『アス』は、見る者の心に多くの謎を残して終わる。女の答えもその1つだ。ジョークのようだが、あの状況ではダーク過ぎて笑えない。政治的メッセージも感じさせるが、真意はつかめない。

こうした全編にちりばめられた暗示や隠喩は、オープニングで語られる地下トンネルの迷宮のように、その目的は時に曖昧なままだ。「アス(US)」には「私たち」と「U.S.(アメリカ)」の2つの意味が込められている。ただし、一家の恐怖体験が今のアメリカ政治を直接、風刺しているわけではない。

もやもやした印象が残る本作は、ホラーの定型を外れている。だが不可解なまま終わるからこそ、『アス』は観客を刺激する。見終わった途端に謎を解きたい、誰かに解説してもらいたいとうずうずさせる映画なのだ。

前作『ゲット・アウト』と比べて人種問題の取り上げ方は控えめ。むしろ社会と人の内面において富める者と貧しい者、健康な者と病める者、愛される者と愛されない者を分断する深い亀裂をテーマとしている。

人間と怪物を表現したニョンゴの演技は圧巻

冒頭の回想シーンで、幼いアデレードはカリフォルニア州サンタクルーズの海辺にいる。鏡張りのびっくりハウスで自分とうり二つの少女に遭遇し、ショックで失語症になってしまう。大人になった彼女は夫ゲイブ(ウィンストン・デューク)に、今もあの子に追われている気がすると打ち明ける。

そんな話はサンタクルーズを家族旅行先に選ぶ前にしてくれればいいのに、と常識人の夫は言い返す。休暇の初日、海辺で息子ジェイソンの姿がつかの間見えなくなり、アデレードはパニックに陥る。それは幼少期のトラウマがよみがえったからなのか、それとも一家に実際の災難が忍び寄っているのか。答えはやがて、赤い服のドッペルゲンガー4人組という形で現れる。

胃が痛くなるほど二転三転する展開を堪能してほしいから、ストーリーの説明はここまで。

ニュース速報

ワールド

イタリア首相、連立内からも辞任圧力 政局混迷深まる

ワールド

ファイザー製ワクチン最大活用に壁、特殊器具の増産で

ビジネス

英中銀、温暖化助長企業からの社債購入停止を 議員訴

ワールド

米上院、弾劾裁判前にコロナ救済法案可決の意向=議員

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月