最新記事

胎児内胎児

女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れだった

Woman Had Twin Growing Inside Her, With Teeth and Bones Found in Abdomen

2019年8月28日(水)16時20分
ハナ・オズボーン

お腹のなかでは、双子のきょうだいが育っていた Mansi Thapliyal-REUTERS

<お腹から出てきたのは「毛の生えたチーズのような塊」で、歯や骨もあった>

インドに住む17歳の女性の腹部で、その女性の「双子のきょうだい」が育っていたことが明らかになった。女性の手術を執刀した医師によれば、長さ35cmほどの塊から、骨、歯、毛髪、さらには「その他の身体部位」が確認されたという。今回見つかった「胎児」の大きさは、過去最大だろうと医師らは述べている。15歳以上の女性で発見されることも珍しい。

この女性は、腹部の痛みを訴えて病院を訪れた。腹部には5年ほど前からしこりがあったが、徐々に大きくなり、断続的に痛みが生じるようになっていた。

全インド医科大学の医師らが検査したところ、腹部全体に影響を及ぼしている塊は、固く、不規則な形であることがわかった。さらにCTスキャンなどの検査で、塊には軟組織、椎骨や肋骨らしきもの、さらには石灰化した身体の部分が含まれていることが明らかになった。

医師チームはこの検査結果から、女性の症状は「封入奇形胎児(胎児内胎児、FiF)」の可能性があると判断した。FiFは発達異常の一種。原因はわかっていないが、子宮内で双子の片方が他方を吸収した結果として生じる可能性があると考えられている。別の説では、FiFは極端なタイプの奇形腫(胚細胞性腫瘍)だとされている。これは、胚細胞(卵子,精子)のもとになる細胞(原始生殖細胞)が腫瘍化したもので,毛髪、筋肉、骨などを含む場合がある。

<参考記事>介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕

胸部や陰嚢から見つかる場合も

FiFが最初に報告されたのは18世紀末のこと。以来、200足らずの症例が医学文献に記録されてきた。ほとんどの症例では、こうした「胎児」は腹部で発見されるが、胚細胞性腫瘍は身体のどの部位にもできる可能性がある。過去には、胸部、陰嚢、口腔、骨盤にできた症例も報告されていると、全インド医科大学の医師チームは指摘している。

最もよく知られているのは、子どもの体内で発見されるケースだ。2019年3月にはコロンビアで、ある女性が出産した赤ん坊の腹部で、双子のきょうだいが育っていたというニュースが流れた。妊娠中から判明しており、誕生の翌日、赤ん坊の体から双子のもう一人を摘出した。双子の大きさは5センチ余りで、頭と手足はあったが心臓と脳はなかったという。

<参考記事>女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

15歳を越える人でFiFが見つかったケースは7例しかなく、珍しい。症例共有サイト「BMJケース・リポーツ」によると、2015年4月には26歳の女性の脳から骨、髪、歯のある「胎児」が見つかったケースなどがある。

今回のケースでは予備診断後、医師チームは手術を行い、「毛の生えたチーズのようなものからなる」塊を発見した。歯や、四肢の原型と見られる構造もあった。さらに、毛髪や成熟した骨のほか、腸組織や皮膚組織など、その他の身体部位も見つかった。医師らは塊を除去し、女性はFiFから回復しつつあると発表した。塊の大きさは36×16×10cmで、医師チームによれば、記録に残るFiF症例のなかでも最大だという。

(翻訳:ガリレオ)

20190903issue_cover200.jpg
※9月3日号(8月27日発売)は、「中国 電脳攻撃」特集。台湾、香港、チベット......。サイバー空間を思いのままに操り、各地で選挙干渉や情報操作を繰り返す中国。SNSを使った攻撃の手口とは? 次に狙われる標的はどこか? そして、急成長する中国の民間軍事会社とは?

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

対欧州FDI、19年発表事業の3分の1以上が延期ま

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ワールド

香港問題巡る米の対中措置、経済制裁など一連の選択肢

ワールド

G7開催へ適切に対応、米国の感染状況も注視=官房長

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月