最新記事

胎児内胎児

女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れだった

Woman Had Twin Growing Inside Her, With Teeth and Bones Found in Abdomen

2019年8月28日(水)16時20分
ハナ・オズボーン

お腹のなかでは、双子のきょうだいが育っていた Mansi Thapliyal-REUTERS

<お腹から出てきたのは「毛の生えたチーズのような塊」で、歯や骨もあった>

インドに住む17歳の女性の腹部で、その女性の「双子のきょうだい」が育っていたことが明らかになった。女性の手術を執刀した医師によれば、長さ35cmほどの塊から、骨、歯、毛髪、さらには「その他の身体部位」が確認されたという。今回見つかった「胎児」の大きさは、過去最大だろうと医師らは述べている。15歳以上の女性で発見されることも珍しい。

この女性は、腹部の痛みを訴えて病院を訪れた。腹部には5年ほど前からしこりがあったが、徐々に大きくなり、断続的に痛みが生じるようになっていた。

全インド医科大学の医師らが検査したところ、腹部全体に影響を及ぼしている塊は、固く、不規則な形であることがわかった。さらにCTスキャンなどの検査で、塊には軟組織、椎骨や肋骨らしきもの、さらには石灰化した身体の部分が含まれていることが明らかになった。

医師チームはこの検査結果から、女性の症状は「封入奇形胎児(胎児内胎児、FiF)」の可能性があると判断した。FiFは発達異常の一種。原因はわかっていないが、子宮内で双子の片方が他方を吸収した結果として生じる可能性があると考えられている。別の説では、FiFは極端なタイプの奇形腫(胚細胞性腫瘍)だとされている。これは、胚細胞(卵子,精子)のもとになる細胞(原始生殖細胞)が腫瘍化したもので,毛髪、筋肉、骨などを含む場合がある。

<参考記事>介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕

胸部や陰嚢から見つかる場合も

FiFが最初に報告されたのは18世紀末のこと。以来、200足らずの症例が医学文献に記録されてきた。ほとんどの症例では、こうした「胎児」は腹部で発見されるが、胚細胞性腫瘍は身体のどの部位にもできる可能性がある。過去には、胸部、陰嚢、口腔、骨盤にできた症例も報告されていると、全インド医科大学の医師チームは指摘している。

最もよく知られているのは、子どもの体内で発見されるケースだ。2019年3月にはコロンビアで、ある女性が出産した赤ん坊の腹部で、双子のきょうだいが育っていたというニュースが流れた。妊娠中から判明しており、誕生の翌日、赤ん坊の体から双子のもう一人を摘出した。双子の大きさは5センチ余りで、頭と手足はあったが心臓と脳はなかったという。

<参考記事>女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

15歳を越える人でFiFが見つかったケースは7例しかなく、珍しい。症例共有サイト「BMJケース・リポーツ」によると、2015年4月には26歳の女性の脳から骨、髪、歯のある「胎児」が見つかったケースなどがある。

今回のケースでは予備診断後、医師チームは手術を行い、「毛の生えたチーズのようなものからなる」塊を発見した。歯や、四肢の原型と見られる構造もあった。さらに、毛髪や成熟した骨のほか、腸組織や皮膚組織など、その他の身体部位も見つかった。医師らは塊を除去し、女性はFiFから回復しつつあると発表した。塊の大きさは36×16×10cmで、医師チームによれば、記録に残るFiF症例のなかでも最大だという。

(翻訳:ガリレオ)

20190903issue_cover200.jpg
※9月3日号(8月27日発売)は、「中国 電脳攻撃」特集。台湾、香港、チベット......。サイバー空間を思いのままに操り、各地で選挙干渉や情報操作を繰り返す中国。SNSを使った攻撃の手口とは? 次に狙われる標的はどこか? そして、急成長する中国の民間軍事会社とは?

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

金融緩和や財政政策などの政策ミックスが景気刺激に有

ビジネス

EXCLUSIVE-緩和必要なら短中期金利を「確実

ワールド

英国がEUに離脱延期申請、延期望まずとのジョンソン

ワールド

アングル:屋台もキャッシュレス、東南アで過熱 モバ

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    新EU離脱協定案はイギリス経済に「相当厳しい」内容だった

  • 4

    「歩くのが遅いと老化がすすむ」その兆候は40代半ば…

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    光がねじまげられる......ブラックホールをビジュア…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    W杯アジア2次予選の北朝鮮vs韓国「無事に帰れたのは…

  • 10

    がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月