最新記事

トイレ

人権侵害!? ホームレスや障がい者を締め出す不寛容な公衆トイレに批判

A Welsh Town Will Install High-Tech, Anti-Sex Toilets

2019年8月19日(月)19時30分
ヘイリー・プロコス

一方、世界では性別を問わないユニセックストイレも広がっている(写真はメキシコの大学のユニセックストイレ)  Edgard Garrido-REUTERS

<警報音に水噴射で不心得者に対応するというが、太った人や障がいのある人には使えないとの指摘も>

イギリス南部のウェールズの町ポースコールが、公衆トイレでセックスするなどの「目的外使用」を防ぐハイテク・トイレの設置を計画している。先週末、メディアが報じた。

ウェールズオンラインによれば、町はかなりの費用をかけて既存の公衆トイレを改修し、性交渉や破壊行為を防止する機能が付いたものにする考え。料金は未定だが有料トイレになる予定だという。

トイレ内には人感センサーが設置され、急な動きを検知。複数人が個室に入ると重量センサーが反応する。大きな音を鳴らす警報装置と侵入者向けに水を噴射する装置も備え付けられるという。

<参考記事>異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

ホームレスが寝泊まりするのを防ぐために、個室に長時間滞在すると警告メッセージが流れ、照明や暖房が切れる機能も付ける。

町議会議員のマイク・クラークはメディアに対し、「公衆トイレの改修は、ポースコールを住むにも働くにも遊ぶにもすばらしい場所にする目標への第一歩だ」と述べている。

<参考記事>あり?なし? 性別不問のユニセックストイレ、英国で議論

発作を起こした人にもアラームが鳴る?

だがソーシャルメディアでは批判の声も上がっている。

「重量センサー付きの床って、ゆうに2人分の体重がある私はどうなるの? 介助が必要な人は? 子供たちと一緒に入った場合は?」と、あるインターネットユーザーは疑問を投げかける。

これまで明らかになった情報から見る限り、新しいトイレは障がいのある人には使えなそうだ、という指摘もある。

「発作や常同運動障害がある人にも(アラームや水噴射機能が)作動しそうだ」とあるユーザーは言う。「これに賛成した愚か者は、障がい者のことなどすっかり忘れていたに違いない」

(翻訳:村井裕美)

20190827issue_cover200.jpg
※8月27日号(8月20日発売)は、「香港の出口」特集。終わりの見えないデモと警察の「暴力」――「中国軍介入」以外の結末はないのか。香港版天安門事件となる可能性から、武力鎮圧となったらその後に起こること、習近平直属・武装警察部隊の正体まで。また、デモ隊は暴徒なのか英雄なのかを、デモ現場のルポから描きます。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

ワールド

米国防総省、在韓米軍の規模縮小検討報道を否定

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 「適切な時

ワールド

中国が台湾に警告、与党副総統候補の独立志向発言受け

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 5

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 9

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 10

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 5

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 6

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月