最新記事

ユニセックス

あり?なし? 学校のユニセックストイレ、英国で議論

2017年10月6日(金)17時00分
松丸さとみ

image: Twitter/Bishop of Llandaff

<英国では、ユニセックストイレを導入する学校が増えているが、今回公表されたおしゃれなトイレが議論を巻き起こしている>

新学期、ウェールズの学校で議論

英国では、ユニセックストイレを導入する学校が相次ぎ、反対する保護者側と議論になることがここのところ増えている。9月にはツイッターで新しい男女共用トイレを公表し、賛否両論のリプライがついた学校があった。

ツイッターで新トイレを公表したのは、ウェールズの首都カーディフにあるザ・ビショップ・オブ・ランダフ・ウェールズ聖公会ハイスクール(就学年齢11〜18歳)だ。9月に始まる新学期を機に、ユニセックストイレを導入した。そこで同校は始業日に当たる9月4日に、ツイッターで「当校のブロックAにできた、新しい『オープンプラン』ユニセックストイレへようこそ」と写真付きで投稿した。このツイートによると、既存の男女別トイレはそのままで、ユニセックストイレが新たに加わったことになる。

紫の扉がついた個室がコの字に並び、おしゃれなシルバーの円形シンクが真ん中に位置している。

matumaru1006a.jpg

「ユニセックストイレでうんちする勇気がある子はいない」

しかしこのツイートの返信部分には、異論を唱えるツイートが続々と続く。「教科書や設備、教師が不足しているのに、これに何ポンドもかけるの。なぜ、なぜ、なぜ???」という意見や、「問題を解決するというより、もっと多くの問題を新たに生むだけかも」や、「シャイな子には合わないんじゃない?」、そして「生理が始まったばかりの女子は、男子とトイレを共用するの、ありがたいと思うはずだわ(んなわけない)。女性はプライバシーが必要なんじゃ?」、「汚物入れがない。これは男子用トイレだわ」、「女子への性的暴力が増える」、「ユニセックストイレでうんちする勇気がある子供は1人もいないよ。金の無駄」という反対意見があった。

逆に賛成意見としては、「LGBT(性的少数者)の子たちも使いやすくなるように、全ての学校がこれを見習うべき」や「なんで全部男女共用にしないの」、「35年前のトイレと違うなぁ。家にあるのよりいいや」、「素敵な設備! うちの娘たち、かっこいい新しいこのトイレか別の女子トイレを使うか、選べるわ!」、「ベリ校長と職員は、いい仕事をしているね!」などがあった。

このような反響を受けてベリ校長は、男女の問題を提起するというより、単に実用性の問題だった、と男女共用トイレにした理由についてメトロ紙に語った。すでに建設されている新しい校舎は性差別のないデザインであり、トイレも同様に性差別のないものにしたのだという。

1300人ほどいる生徒たちには、集会で男ユニセックストイレについて説明をした。しかしベリ校長によると、男子はトイレの左側にある個室、女子はトイレの右側の個室を自然と使うようになっているという(男女別のトイレの配置がそうなっているとのこと)。空いていればどこを使っても良いという学校側の当初の思惑とは異なってしまったようだが、もし子供たちがこのような使い方をするなら仕方ない、と校長はメトロ紙に話している。

ニュース速報

ビジネス

中国不動産投資、6月は伸び鈍化 6カ月ぶり低水準

ビジネス

中国、香港との株式相互取引を拡大しない方針

ビジネス

第2四半期中国GDP、前年比+6.7%にやや減速 

ワールド

トランプ米大統領、EUは貿易面で「敵」と発言=CB

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 3

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話す子どももいた

  • 4

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 4

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 5

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 6

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 10

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月