最新記事

俳優

「世界一セクシーな男」が次にやりたいのは恋愛コメディー

"I'd love to do a romantic comedy."

2019年8月17日(土)14時40分
ジャニス・ウィリアムズ

ドラマ『刑事ジョン・ルーサー』は第5シーズンも好評 Des Willie/BBC AMERICA

<映画化もささやかれる人気ドラマ『刑事ジョン・ルーサー』に主演する、英国人俳優イドリス・エルバの意外な素顔>

イギリス人俳優イドリス・エルバ(46)は、南アフリカの英雄ネルソン・マンデラから『アベンジャーズ』シリーズの戦士まで、約30年間の俳優生活でさまざまな役を演じてきた。なかでも本人が気に入っているのは、ロンドン警視庁の主任警部ジョン・ルーサー役だ。

英BBC制作のドラマ『刑事ジョン・ルーサー』は、猟奇的な(しかしリアルな)殺人事件を解決する過程で、ルーサー自身も心の闇を抱えるようになるサスペンススリラー。10年に第1シーズンが放送されて大きな話題となって以来、米エミー賞の常連となるなど高く評価されている。

「ルーサーを演じることは大きなストレス解消になる」と、エルバは言う。「飛び抜けた才能を持つ一方で、(警察の)ルール違反もたくさんする。大声を出したり、何かを壊したりと、大量のエネルギーを発散する。だからルーサーの役になり切るのは本当にいい気分だ」

15年の第4シーズン放送後、しばらく制作がストップしていたが、イギリスでは19年元日から4夜連続で第5シーズンが放送された(日本では動画配信サイトHuluとケーブルテレビ局AXNで見られる)。映画化の企画も噂されるなど、波に乗るエルバに本誌ジャニス・ウィリアムズが話を聞いた。

***


――ルーサーを演じる上で一番楽しいことは何か。

複雑なキャラクターであること。自分の演技力をフルに駆使しなくてはいけない。ルーサーは知的だが、直感的でもあり、肉体派でもある。大局的な思考ができて、「このやり方でいくぞ」と決めたらブルドーザーのように突き進む。自分の決断を疑うことがなく、実際それが正しいことが多い。とにかくダイナミックな人物なんだ。その一方で、バットマンのようにダークな側面を内に秘めている。

――第5シーズンの見どころは?

第4シーズンから間があいたから、まずは楽しみに待っていてくれたファンにお礼を言いたい。新シーズンもとてもダークなドラマになっているから、それを存分に楽しんで、しばし現実を忘れてほしい。映画も応援してほしいね。映画化の可能性があるんだ。

――あなたはこれまでいろいろな役を演じてきた。

「この役をイドリス・エルバがやるのか?」とみんなが驚くような役を演じるのが好きだ。自分の異なる側面を見せられるような役だね。いい奴が悪いことをしたり、悪い奴がいいことをしたりする複雑なキャラクターが好きだ。いつも同じような役は引き受けたくない。

――まだやったことがなくて、トライしてみたい役は?

純粋なロマンチック・コメディーをやってみたい。愛とロマンスといろいろな感情が押し寄せてくるような感動物語を探しているところだ。

――相手役の希望は?

特にない。重要なのはストーリーで、相手役に誰がいいかは、今すぐには思い付かない。

――ホラー映画もやったことがないのでは?

実は、大昔に端役で出演したことがある。でも誰も見たことがないような映画だから、その話はしないよ(笑)。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月