最新記事

異常気象

世界各地に猛暑到来、数字で読むアメリカの異常気象

Bummer Summer

2019年8月15日(木)15時45分
ニューズウィーク日本版編集部

今年はアメリカの大西洋岸を14の熱帯低気圧が襲うと予測されている Elen11-iStock

<世界各国と同様、史上最高に暑くて雨の多い夏を迎えるかもしれない今年のアメリカ――その異常気象ぶりを数字で見てみると>

豪雨や豪雪に見舞われ観測史上最大規模に「湿った」冬に続いて、史上最高に暑くて雨の多い夏を迎えるかもしれない今年のアメリカ。現在はハリケーンの季節だが、コロラド州立大学大気科学科の予測では、今年は大西洋岸を14の熱帯低気圧が襲う(そのうち強力化してハリケーンになるものが6つ)。

昨年11月、州史上最悪の山火事を経験したカリフォルニア州では今年も大規模な山火事が例年以上に起こり得ると当局はみている。さらに海洋大気局(NOAA)によれば、中西部でかつてないほどの洪水が起こる可能性があるという。


magw190815_EW1.jpg

昨冬のアメリカの平均降雨量。過去最高で、標準より5.6センチほど多かった 資料:NATIONAL CENTERS FOR ENVIRONMENTAL INFORMATION


magw190815_EW2.jpg

一生のうちに落雷に遭う確率。1年のうちの確率で見ると、120万分の1。宝くじのメガミリオンズに当選する確率は330万分の1 資料:NATIONAL WEALTH SERVICE


magw190815_EW3.jpg

昨冬の1日の最大降雪量はアリゾナ州フラッグスタッフの91センチ。それでも1921年のコロラド州シルバーレイクでの24時間の降雪量193センチ(米史上最高記録)と比べれば半分以下だ 資料:THE WEATHER CHANNEL


magw190815_EW5.jpg

05年のハリケーン「カトリーナ」の保険金額(18年推定)。米史上で最も被害額の大きなハリケーンだった 資料:INSURANCE INFORMATION INSTITUTE


magw190815_EW4.jpg

今年5月にアメリカで記録された竜巻の目撃情報数。通常は月に100程度なので、異例の数と言っていい。発生件数として確定されれば、1950年代に調査を始めてから史上5番目に多かった月となる 資料:NATIONAL WEATHER SERVICE'S STORM PREDICTION CENTER


magw190815_EW6.jpg

資料:NATIONAL OCEANIC AND ATMOSPHERIC ADMINISTRATION (NOAA)


18年で特に被害額の大きかった自然災害

magw190815_EW7.jpg

被害が甚大だった世界の自然災害5つのうち、4つはアメリカで起きている 資料:MUNICH RE NATCATSERVICE


<本誌2019年7月30日号掲載>

2019081320issue_cover200.jpg
※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。

ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、新型コロナへ「強力な対応」必要=FO

ワールド

イエメン内戦、サウジ主導の連合軍が2週間の停戦発表

ビジネス

米経済、下半期に回復 活動再開後も消費者は慎重か=

ワールド

米・サウジ・ロシア、原油減産巡り平行線 OPEC+

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月