最新記事

米財政

トランプの公約「財政赤字の削減」は大嘘だった

Fox News Anchor Confronts Trump Official Over Ballooning Deficit

2019年7月29日(月)17時30分
ジェーソン・レモン

7月4日の独立記念日、トランプは戦車までワシントンに運ばせ軍事力を誇示した(写真はブラッドレー歩兵戦闘車) Jim Bourg-REUTERS

<トランプは大統領選で財政赤字の削減を公約に掲げたが、就任後赤字は膨らむ一方。元凶は軍事費と金持ち向け大型減税だ>

ドナルド・トランプは2016年の大統領選の公約として、大統領に就任した暁には財政赤字を解消すると有権者に約束した。だが実際には、就任以降、赤字は大幅に拡大しているし、今後もどんどん増加するとみられる。

保守派のニューステレビ局FOXニュースの司会者クリス・ウォレスは7月28日放送の番組で、このことについてミック・マルベイニー大統領首席補佐官代行を詰問した。トランプが政権引き継ぐ前、バラク・オバマ前大統領のもとでは財政赤字は減少し始めていたのに、とウォレスは指摘した。

「オバマ政権の1期目で2008年に始まった世界的金融危機に対処し、2期目は財政赤字が年平均11%縮小した」と、ウォレスはマルベイニーに言った。彼はトランプ政権で予算編成を指揮する行政管理予算局(OMB)局長を務めている。

「トランプが大統領に就任して最初の2年で、赤字は年15%増加した。国の借金は2兆ドル以上増えた」と、ウォレスは続けた。現在米議会で審議中の予算関連合意が成立すれば、借金は4兆ドル以上になるといわれる。

このような大幅な財政赤字の増加を、トランプ政権はなぜ支持できるのか、とウォレスはマルベイニーに尋ねた。特に、トランプが選挙中にまったく正反対の公約を掲げていた事実は見逃せない。

<参考記事>トランプの予測不可能な通商政策は世界もアメリカも貧しくする

選挙中の公約とは正反対

「われわれの予算教書を見て、認めてほしい」と、マルベイニーは、今年3月にトランプ政権が発表した2020年度会計予算案に触れた。「『議会に提出してもすぐに否決される』と言われることだが、実際に中身を見れば、ドナルド・トランプがこの予算で何をするつもりかわかるはずだ。財政赤字は縮小していくだろう」と、マルベイニーは主張した。

ウォレスはこう反論した。トランプは大統領就任後最初の2年は議会上下両院を共和党の支配下に置いていたが、それでも財政赤字を減らすことはできなかったではないか。

マルベイニーは、それは共和党議員のせいであって、トランプの責任ではないと言い、この共和党議員たちは「われわれの予算案をゴミ箱に捨てた」と言った。

マルベイニーが言及したトランプ政権の2020年度予算案は、トランプが2016年に大統領候補として有権者にした公約とは大きく矛盾する。

<参考記事>トランプ政権発足から2年、守った公約、守っていない公約

トランプは大統領候補として「他の共和党員のように」「メディケア(高齢者医療保険制度)やメディケイド(低所得者医療保険制度)を削減するつもりはない」と約束していた。しかし予算案はメディケイドを1.5兆ドル、メディケアは8450億ドルの削減を盛り込んでいる。今回、トランプ政権が提出した予算案の規模はアメリカ史上最大であり、歳出総額は4兆7500億ドルにのぼる。

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月