最新記事

IMF

IMF最後の切り札はイケメンすぎるインド中銀元総裁。華麗なる転身なるか

2019年7月8日(月)18時40分
小堀栄之(経済ライター)

ラガルド氏の後任に有力視されているラグラム・ラジャン氏 Danish Siddiqui-REUTERS

<インド中銀に在任中は就任直後の利上げに始まり、華麗な手さばきで金融政策を仕切ったラグラム・ラジャン氏。国際金融の「顔」か、難局を迎える英国の「通貨の番人」役か?>

国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事が欧州中央銀行(ECB)の総裁に内定したことで、後任人事に関する報道も出始めた。これまで世界銀行のトップは米国出身者、IMFのトップは欧州出身者が務めるのが慣例となってきた。ただ、近年はアジアをはじめとする新興勢力が世界経済でのプレゼンスを増していることで、この慣例に疑問の声が強まっていることも事実。そんな中、ラガルド氏の後任候補として取りざたされているのが、インドの元中銀総裁、ラグラム・ラジャン氏だ。同氏は現在、シカゴ大学経営大学院の教授を務める。

ラジャン氏は1963年生まれ。インドの超名門大学であるインド工科大学(IIT)を卒業後、IMFの首席エコノミストなどを歴任し、13年から16年までインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)総裁を務めた。08年のリーマンショックをいち早く予見した世界的なエコノミストであることに加え、物静かな物腰、端正なルックスとも相まって一部では「イケメン過ぎる中銀総裁」として女性のファンも多かった。ただ、彼の名を真に高めたのは経歴でも風貌でもなく、インドのインフレとの戦いに「勝利」したことだった。

【参考記事】歴代トップが犯罪容疑にからむIMFに、高まる改革要求

当時のインド経済は規制緩和や構造改革が進んでおらず、成長率は5%未満。新興国の割に伸び悩んでいた一方で、インフレ率は10%近くを記録していた。国土が広大であることに加え、冷蔵・冷凍輸送や倉庫をはじめとする物流インフラが脆弱なため、せっかく収穫した農作物が痛んで無駄になることが多い。このため、国民の食生活の中心となるタマネギやジャガイモの価格が30%以上高くなることもざらにあった。インフレが進行すれば特に貧しい国民の生活を圧迫し、企業も大幅な賃上げをせざるを得なくなるため、経済成長の停滞を招きかねない。なにより、政権に対する国民感情も悪くなる。当時の政権にとって喫緊の課題だったインフレ収束の「切り札」として中銀総裁に抜擢されたのが、ラジャン氏だった。

筆者はラジャン総裁が就任した直後から2年間インドに在住していたが、彼の政策で印象に残っているのは、中銀が繰り出しうる数少ない武器を最大限に活用する手法だった。その最たるものが市場や政府、国民の心理的な反響を織り込んだ利上げや利下げだ。

同氏は総裁就任直後の9月20日にいきなり0.25%の利上げを実施すると、翌月にも利上げを実施。物価抑制を進める姿勢を強く示し、明確なメッセージを国内外に発信した。金融引き締めを進めれば経済成長の勢いを削ぎ、資金調達コストが上がるため国内企業からは激しい反発があったものの、「お金を借りたい人たちの大きな声ばかりに耳を傾けるのは間違いだ」と、怯むことなく14年1月にも利上げに踏み切った。


【参考記事】次期欧州委員長フォンデアライエン、トランプとの不穏な関係

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 10

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月