最新記事

欧州

EUトップ人事の舞台裏で欧州リーダーの実力を見せたマクロン

2019年7月9日(火)17時50分
広岡裕児(在仏ジャーナリスト)

仏国内では不人気のマクロン大統領だがEU首脳会議では中心的働きを見せた Stephanie Lecocq/Pool via REUTERS

<次期委員長らの人選に難航したEU、混沌とした議会で存在感を放ったマクロンの功績と課題とは>

欧州ではよく政治家が徹夜交渉をする。あるフランス人記者が、夜明けごろには疲れて面倒くさくなって妥協するからだ、と教えてくれた。その真偽はわからないが、6月30日夜、欧州連合(EU)ブリュッセルでの臨時欧州理事会に集まった28人の加盟国首脳は、何も決められなかった。フランスの新聞でさえ「ヨーロッパは指導者の選択で引き裂かれている」(フィガロ19/7/2付)と大きな見出しを出した。

それが7月3日の朝には一転して「危機から脱出するために2人の女性」と、欧州委員長に指名されたウルズラ・フォンデアライエン氏と欧州中央銀行総裁に指名されたクリスチーヌ・ラガルド氏の笑顔がならんだ。

この日、同時に欧州理事会議長(欧州大統領とも訳される)にベルギー首相のシャルル・ミシェル氏、外務・安全保障政策上級代表には元欧州議会議長でスペイン外相のジョセップ・ボレル氏が指名された。ミシェル氏は欧州議会第三党の欧州自由民主同盟(ALDE&R)、ボレル氏は第二党の社会民主進歩同盟(S&D)の欧州議員でもある。

EUの行政の長で首相にあたる欧州委員長指名が難航するのは、別に珍しいことではない。現ユンケル委員長が選ばれた2014年には英国のキャメロン首相が強硬に抵抗し、投票でも反対票をいれた。そのあと、キャメロン首相は記者会見で、「もし私が再選されたらEU離脱国民投票をする」と宣言したのだった。

<参考記事>マクロン主義は、それでも生き残る

「メルケルが委員長だったら...」

さて、フィガロ紙のタバール編集長は翌4日の評論で「エマニュエル・マクロンが若いとき無駄に演劇をしたのではなかった」という。

たしかに、今回はさながらマクロン劇場であった。

前回2014年から「筆頭候補制(Spitzenkandidat)」が導入された。欧州議会は各国の政党が参加する欧州政党で構成されるが、その政党のリーダーを欧州委員長とするというものだ。であるから、今回も第一党になった欧州人民党(EPP)のマンフレート・ウエーバー氏がなるものだと思われていた。この党にはドイツのキリスト教民主同盟(CDU)も入っており、選挙の2日後、5月28日のEU首脳会談夕食会に臨んだメルケル首相も当然のこととして、彼を支持すると表明した。

ところが、マクロン大統領は反対した。改革をなしとげ、欧州共同体の志を反映して使命を遂行できる経験と信頼性を持つ人物でなければならないが、ウエーバー氏はその器ではないというのだ。マクロン大統領は、フランスのテレビで「もし、メルケルさんが委員長になるなら全面的に支持するのだが」という。

<参考記事>次期欧州委員長フォンデアライエン、トランプとの不穏な関係

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月