最新記事

英政治

イギリス「次期首相」ジョンソンを待つ5つの無理難題

Can Anything Stop Boris Johnson Now?

2019年7月2日(火)17時30分
ジョシュア・キーティング

ジョンソンの選挙対策本部前でアヒル(英語で「逃げる」の意もある)人形をまいて抗議する人々 CHRIS J RATCLIFFE/GETTY IMAGES

<醜聞発覚でもジョンソン独走に陰りは見えないが、その先には解決不能なEU離脱の難題が待つ>

次のイギリス首相の候補はボリス・ジョンソン前外相とジェレミー・ハント外相に絞られた。ブレグジット(EU離脱)と国の行方は、7月23日に結果が判明する与党・保守党の党首選挙で決まることになる。

投票権を持つのはわずか16万人。年会費25ポンドを払っている保守党党員で、半数以上は55歳以上、97%は白人、約70%は男性だ。総じて裕福な人々で、総人口に占める割合は0.2%にすぎない。民主主義とはなんぞや、を考えさせられる。

目下、大きくリードしているのはジョンソンだ。ハントにしてみれば、ゴシップまみれのジョンソンが自滅してくれるのを期待するしかない。

とはいえ、これもあながちあり得ない話ではない。6月下旬には、ジョンソンと交際相手が暮らす住宅で激しい口論や物音が聞こえたため、近隣住民が通報し警察が出動する騒ぎがあった。ジョンソンはこの「DV疑惑」についてコメントを拒否。党内部の選挙なので致命傷になることはなさそうだが、今後も重大な新事実や新たな騒動が出てこないとも限らない。

一方、誰が首相になろうとも、これまでブレグジットを滞らせてきたいくつもの「ジレンマ」は未解決のままだ。

まずは、イギリスでは議会がメイ首相の離脱協定案を拒否しているのに、EU側は協定案の議会承認がない限り交渉を再開しないとしていること。ジョンソンは自らの「ポジティブなエネルギー」と、双方が避けたい合意なき離脱をちらつかせればEUを交渉の席に着かせられると主張する。EU側はこの主張に嫌悪感を示しているが、現状打破には試す価値もありそうだ。

離脱できても前途多難

ただ交渉を再開できても、最大の難関であるアイルランドの国境問題は出口が見えない。イギリスがEUの関税同盟を離脱し、かつ北アイルランドとアイルランド共和国の国境での税関検査を復活させず、かつ北アイルランドとイギリスの経済的一体性を保持する......。

この3つを同時に実現するのは不可能で、ジレンマどころかトリレンマだ。この問題が解決できなければ、かつてイギリスで多くの暴力事件を引き起こしたアイルランド国境問題が再燃し、苦難の末に達成された平和が脅かされる恐れがある。

これに対しジョンソンは、離脱後も国境管理なしで物品をチェックする「技術的解決策」があると言うが、具体的な方法は示せていない。ほかにも、規制の変更などで国境管理を不要にする計画もある。だが、この実現にはイギリス、アイルランド、EUの「非常に緊密な協力」が必要になるという。それが嫌で離脱を望んだはずなのだが。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弾劾への支持、公聴会後も変わらず=世論調

ビジネス

焦点:ドイツの対中輸出に陰り、「蜜月」見直す声も

ビジネス

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

ワールド

海外からの処方薬購入、州に権限 米大統領が薬価引き

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 3

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄「国家安保室」の暴走

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ラグビー場に旭日旗はいらない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月