最新記事

南シナ海

中国船のフィリピン漁船当て逃げに弱腰対応のドゥテルテ 国内から総ブーイング

2019年6月19日(水)21時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

中国船に当て逃げされたフィリピンの漁船 (c) COAST GUARD OCCIDENTAL MINDORO via ABS-CBS News / YouTube

<麻薬犯罪には超法規的殺人で対応し、産廃ゴミなどを偽装輸出したカナダには「戦争だ」といきまくフィリピンのドゥテルテ大統領。だが相手が中国だと途端に事なかれ主義に──>

フィリピンが中国との間で領有権争いをしている南シナ海のリード礁(フィリピン名レクト環礁)で6月9日、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内の海域に停泊中のフィリピン漁船に中国のトロール船が衝突する事件が発生した。

漁船は沈没し、乗っていた漁民22人は海上で救助を求めていたにも関わらず、中国船は現場を立ち去り、数時間後に通りがかったベトナム船に漁民たちは全員救助された。この事件がフィリピン国民の反中感情を爆発させているが、ドゥテルテ大統領は今回の事件には極めて冷めた対応に終始しており、これがさらに国民の怒りを招く事態となっている。

フィリピン国防省が12日にこの事故の事実を明らかにすると、「停泊中の船舶に衝突した」「要救助者を助けず逃走した」ことに対し、厳しい中国批判がフィリピン国内で噴出した。

フィリピン政府関係者も「海上の漁民を見捨てる行為は野蛮だ」(フィリピン大統領府)、「当て逃げは臆病な行為である」(デルフィン・ロレンザーナ国防相)、「錨を下ろして停泊中の船舶への衝突は国際ルール違反であり、一般的な海上交通事故ではない。フィリピン漁船はぶつけられたのである」(ロバート・エンぺドラド海軍長官)、「もし衝突が意図的なら(中国との)断行もありうる」(サルバドール・パネロ大統領府報道官)「漁民を見捨てた行為は犯罪的行為である」(パンフィロ・ラクソン上院議員)と批判。また6月12日のフィリピン独立記念日にはマニラ市内の中国領事館前に抗議のデモ隊が押し寄せる事態に発展した。

開き直りから一転、認めるも言い訳終始

こうしたフィリピン側に対し、中国当局は当初「一般的な海上交通事故」「衝突した船が中国船とは未確認であり事実を立証もせず衝突事故を政治化することは無責任」(中国外務省の耿爽報道官、13日の記者会見)と責任逃れをするばかりか、逆にフィリピンを批判するなど開き直っていた。

ところがフィリピン漁船員の「衝突してきたのは中国船」との証言や抗議デモで中国への反感が急速に高まったことを受けて15日には「衝突したのは中国のトロール船(粤茂浜漁42212)だった」と中国側は事実を認めざるを得なくなった。

しかし「中国船の船長は救助しようとしたが他のフィリピン漁船に囲まれるのを恐れた。他の船に漁民が救助されるのを確認して立ち去った」と主張し、フィリピン側の「要救助者を放置して逃走した当て逃げである」との指摘はあくまで否定、言い逃れに終始した。

この中国側の言い分には「意図的衝突でないなら救助をためらい、まして恐れる必要はない」「いかなる理由も要救助者を身捨てる理由にはならない」とフィリピン国内の反発に油を注ぐ結果を招いただけだった。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 3

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 4

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 5

    韓国に対して、旧宗主国の日本がなすべきこと

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 8

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 9

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 10

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月