最新記事

プラスチック

年間12万個のプラスチック片を口にしている私たち

2019年6月11日(火)17時50分
松丸さとみ

飲み水からもマイクロプラスチックが体内に...... kieferpix-iStock

<カナダの研究者は、人は平均で5万個近くのマイクロプラスチックを食事から、呼吸と一緒に吸い込んでいるものまで含めると年間12万個を体内に入れていると算出した>

食事や空気、飲み水からプラスチック片を体内に

私たちは毎年、7万〜12万個のマイクロプラスチックを口に入れている──こんなショッキングな数字がこのほど明らかになった。しかもこれは、一部の食べ物に含まれるマイクロプラスチックだけを述べたもので、1日の食事の消費エネルギーに換算した場合、わずか15%相当の食べ物に含まれるものだ。

調査は、魚、貝類、砂糖、塩、ビール、水、都市部の空気などに含まれるマイクロプラスチックの数を測定した過去の26の研究をもとに、カナダのビクトリア大学の研究者らがマイクロプラスチックのデータベースを作成した上で算出した。結果は米科学誌「エンバイロメンタル・サイエンス&テクノロジー」に掲載されている。

調査によると、人は平均で3万9000〜5万2000個のマイクロプラスチックを食事から体内に取り込んでいる。この数は、年齢や性別によって異なり、また米国の食生活をベースに数字を算出しているため、住んでいる場所や食事の内容によっても大きく異なるという。

さらに、呼吸と一緒に吸い込んでいるものまで含めると、体内に入るマイクロプラスチックの数は年間で7万4000〜12万1000個にまで上がると考えられている。

ボトル入り飲料水9万個、水道水4000個のプラ片

飲み水からも大量のマイクロプラスチックが体内に入っている。昨年8月に本サイトでも取り上げた通り、ボトル入り飲料水にはマイクロプラスチックが含まれていることが分かっている。本調査でも、水分の摂取をボトル入り飲料水だけでまかなった場合、年間で9万個ものマイクロプラスチックを飲み込んでいる計算になるとしている。一方で水道水の場合は、年間4000個だ。

科学系ニュースサイト「サイエンス・アラート」によると、成人男性が1日にボトル入り飲料水だけから水分を摂取した場合、1日349個のマイクロプラスチックを取り入れている計算になる。水道水だけを飲んだ場合は16個だ。

今回の調査は、前述した項目に含まれているマイクロプラスチックだけについて述べたものだ。サイエンス・アラートは、肉、乳製品、穀物(パンを含む)、野菜についてのデータはまだ存在しないため、今回の結果は「おおよその数値でしかない」としている。

調査を率いたキーラン・コックス氏は英ガーディアン紙に対し、調査の対象となっていない食物にも多くのマイクロプラスチックが含まれている可能性は非常に高いとし、「数十万という数字になるかもしれない」と話した。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月