最新記事

人類

「人類はゴビ砂漠を横断してシベリアまで拡散した」シミュレーション結果

2019年5月31日(金)18時20分
松岡由希子

人類はゴビ砂漠を横断した? livetalent-iStock

<ドイツと中国の研究チームによって、気候や地形といった環境障壁をもとに人類の移動ルートが変化するのかどうか、シミュレーションが行われた>

人類は、12万5000年前から1万2000年前までの後期更新世に、アフリカ大陸からユーラシア大陸へ広く拡散していったと考えられている。

その経路については、インドから東南アジアを経由してシベリアまで北上する「南ルート」が有力視されてきた一方、アルタイ山脈やゴビ砂漠を通る中央アジアから北アジアの「北ルート」はこれまであまり注目されてこなかった。しかしこのほど、「北ルート」が人類の拡散にとって重要な経路のひとつであった可能性を示すシミュレーション結果が明らかとなった。

最小コスト経路分析によるシミュレーション

独マックス・プランク研究所と中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の共同研究チームは、氷河時代の氷期と間氷期における気象記録や地理的特徴を盛り込んだ地理情報システム(GIS)を開発し、最小コスト経路分析によって、気候や地形といった環境障壁をもとに人類の移動ルートが変化するのかどうか、シミュレーションを行った。

その結果、氷期には砂漠地帯を避けて北側に弧を描く進路を選ばざるを得ない一方、間氷期は、ゴビ砂漠を横断するものを含め、いくつかの経路がありうることが示された。一連の研究成果は、2019年5月29日、オープンアクセスジャーナル「プロスワン」で公開されている。

original0531a.jpg

研究論文の共同著者であるマックス・プランク研究所のパトリック・ロバーツ博士は、このシミュレーション結果について「これらの経路は、更新世の人類が移動した本物のルートではない」と強調する一方、「従来見過ごされてきたアジア地域での人類の存在や移動などについて、我々はもっと探るべきであることを示唆している」と主張する。

アジアでの人類の拡散の調査がさらに必要

実際、ロシアのデニソワ洞窟やチベット高原にある白石崖溶洞でデニソワ人の化石が発見されるなど、今日では人類の居住が難しいとされる地域において、かつて人類が存在した証がいくつも見つかっている。

アジアでの人類の拡散の時期や速さを解明することは、文化や技術がどのように広がり、発展したのかを解明するうえでも不可欠であることから、これらのシミュレーション結果が中央アジアや北アジアでの新たな調査やフィードワークを促すきっかけになるのではないかと期待が寄せられている。

ニュース速報

ビジネス

独VWのウィッターCFO、来年夏に退任へ=経済誌

ビジネス

中国新規融資、1月は3.34兆元 過去最高更新

ワールド

現時点でイベントなどの一律の自粛要請はしない=加藤

ビジネス

能天気に景気回復としているわけでない=西村経済再生

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 9

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月